しっぽきり

冷凍人間出現!! 男の名は工藤助三。冷凍倉庫で働いていた彼は、倉庫閉鎖の際に閉じ込められてしまった­のだ。必死に脱出しようとし、倉庫の外に出たときには1年が過ぎていた。そのため彼に­は、の手に触れたものを一瞬にして凍らせてしまう超能力が身についていた......­。
「あのパワーの秘密を生きたまま徹底的に切り刻んで探りたい。この手で」

 やべえ……やべえよ……。
 そんなわけで、ジャンパーソンに負けてプルプル震えるジョージ真壁は本作の癒しキャラ枠なんじゃないかと思うぐらい、帯刀に並んでアレな感じ麗子様が動く第六話。
 部下に愛情があるタイプかと思いきや、部下に忠誠心を寄せられてる自分に愛情があるタイプ?

 一年間冷凍庫に閉じこめられ、細胞変化を起こし、さわった物は凍らせ、低温の場所でなければ生きていけなくなった工藤さんの悲劇というお話。

 存在が知れるや警察・マスコミには怪物扱いされ、SSNに改造され、最終的に溶けて死亡。
 実に救いがない。
 工藤さんも煽られ耐性がないといえばない(特に、SSNに捕まって以降)んだけど、今まで相手にされてこなかったから、なんか人との距離間がわからなかったんだろうなあとか考えると、より陰鬱に。
 刑事さんもマスコミも本人の目の前で、怪物・怪物言い過ぎなんで、そこはテレビで映像を見たコメンテーターが言ってたとかで抑えてほしいような気はするけど。でも、工藤さんに凶行に走らせるには、それだと押しが弱いか。
 改造後のコスチュームが、ヘッドギアと銀のスーツなのもちょっと辛い。車の爆発に溶かされたのだ。体も予算も。

 ジャンパーソン。
 アークファイヤーで工藤さんを炙ったり、結果形見となったヘッドギアを持ち帰って撃ったり。
 ジャンパーソンって番組だったから出てきただけであって、話の流れでは特に必然性はないかなという感じ。
 スキャン中に、バイオモンスターと表示されてたけど、そうなるとジャンパーソン的には抹殺OKなんだろうか。あの段階から助かるかどうかや、助かって幸せかどうかは別として、助けようと思うなら、燃え盛る炎の中に置いておく必要はないわけだし。

 自分の体に爆弾を埋め込み、いざというときは人間爆弾として麗子様に貢献しようと思うレベルで忠誠心を発揮していたドクター椎名。最終的にはあえなくボッシュート。
 忠誠心は報われるとは限らない。

 小森刑事とその部下が姿を消す。警察は相変わらず出ていたことを考えると、話の上で必要ないから出てないというよりは、RX序盤の刑事さんパターン?

 レギュラーキャラがごく少ないこともあって、OPクレジットが寂しい感じ。半分ぐらいはノンクレジットなんじゃ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1989-e0dfe583