しっぽきり

 千桜編・カユラ編。
 
 オタ属性に加えて、原作では次第に埋もれていったメイド属性が再発掘されている感。咲夜嬢回も半ば千桜回だったし、恵まれてるなあ。
 割と登場初期のエピソードだったために、千桜さんとナギお嬢さまの関係性がギクシャクとは言わないまでも、今更そんなこと気にする仲でもあるまいしという違和感は。時間に合わせた改変がもうちょっと欲しかったかなあ。
 愛歌さん見られたのはうれしかったです。

 回想で白皇に初めて通った時のエピソードをやったカユラ編、というには若干影が薄かったかも。
 構成的にターゲットが原作既読者対象、初登場エピソードがやりだすと長くなる同人編と絡んでいる分、仕方ないと言えばそれまでなのですが、3期含めて、カユラさんはボンヤリとしたキャラになってしまったなあ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1975-951c3562