しっぽきり

 衝撃の真実に、吐いたり折れたりするレドさんというお話。

 前回もそうだったんですが、吐くところまで行き着いて戦えないと言い出してしまうレドさんに違和感が。方向としてはわかるものの、海賊をズバズバやっちゃってたレドさんが、そんな極端な反応を示されても。

 ピニオンさんが調子に乗る。調子に乗るというか、降りられないのか。というか、有能とはいえ一介の整備士にあそこまでやらせちゃう上層部はいったい。ピニオンさん、欲望任せに突っ切るだけで具体的なプランはなさそうだから、あの船団の今後が不安ではある。

 マシンキャリバーの優位性が絶対的に揺らがない状態で最低後一回はあるであろうバトル面をどう盛り上げるのかなと思っていたら、中佐をつっこんでくるとは。同等以上のマシンキャリバーなら、心配はなさそう。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1972-2ce12a42