しっぽきり

「何言ってるかわかんないよっ!」


 
 ヒディアーズを倒したレド。しかし、船団の人間達にとってヒディアーズはクジライカと呼ばれ、神聖視されている存在だった。
 混乱する船団、ヒディアーズを倒すのが自分の使命と頑なになるレド。
 そこに、ヒディアーズの群が近づく。

 前回までの牧歌的な空気とは打って変わって、一転シリアスなムードに。
 
 ヒディアーズを絞め殺すチェインバーがどう見てもジークに見える……。

 久しぶりの銀河同盟語(? チェインバー通訳)でまくしたてるあたり、頑なさというか船団との距離間が出てていい演出。

 自分がヒディアーズを連れてきたんじゃないかと悩んだり、船団のためにも全滅させようとしたり、なんだかんだヒーロー的発想してるなあ。理解はされないんだけど。


 船団抜けようとしてる船長さんは、ピニオンに乗る形でレド&チェインバーを擁したとしても、ヒディアーズがあれだけの数なことを考えるとやっていけると踏んでるんだろうか……。一体殺されただけでも、あれだけ大量に来たのに。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1960-33fa9da1