しっぽきり

 メロンブックスで買ったので和紙ブックカバーが付いてきました。小鈴さんと阿求さんがかわいい。
 ただ、このブックカバー本に対して若干短いような。折り返しの部分を完全に曲げて本にかけると若干突っ張った形になってしまうのですが。


○本編

 小鈴さんがゲスい。無邪気といえば無邪気なんだろうけど、自分の好奇心の為なら割と迷惑なこともやってのけるタイプだなという印象が。

 対する霊夢さんは霊夢さんで、今作は真面目なモードに調整されてる感が強く、小鈴さんの厄介な性格と相まって、最終的に小鈴さんをビンタして説教するか、小鈴ちゃんが召喚した薄い本的な妖怪に薄い本的な展開に足下を掬われそうな感じで、スリリング。
 誰かを積極的に妹分扱いで接する霊夢さんは新鮮。
 
 マミゾウさんがまさかの大プッシュ。
 師匠ポジションみたいなところに置かれてるのを見ると、準レギュラーポジション?
 マミゾウさんのキャラ云々というより、全体的に怪談めいてるというか、妖怪(非人型)にスポットが当たっていて、それを統べるなり説明するなりでマミゾウさんが最適だったのかな。ゆかりんだと、立場上、もうちょっと余計なものが付いてきかねないし。


○おまけ漫画

 実力派女優本邦初公開というお話。
 小鈴の朗読という劇中劇で、星さんの出した垂れ幕の通り本物とは関係はないけれど、「この人、こうやって天然で悪意なく色々な人の人生をだめにしてきたんじゃないか」と考えると、妙に合点の行くキャスティングでした。袈裟姿とか、寝間着姿とか見れたのもポイントが高い。チラッとした一コマですが、神子様と神奈子様が、白連さんに服を勧めてるシーンが何かいい。
 和尚さんとタヌキが演奏してるところに寄ってくるのは、左からこいし・ルーミア・小傘? 真ん中のリボンは妖夢かなとも思ったのですが、あの時間帯にいそうなのと考えるとルーミアかなあ。
 寺勢でナズーリンだけ顔がちゃんと描かれなかったのは、あれですか、ナズーリンが一人暮らしのボッチさんなのと何か関係が…?

○設定集

 なぜか咲夜さんがいる。裏表紙にもいることを考えると、今回はたまたま顔見せ程度だったけど、普通に準レギュラークラスなのかな? 二つ名ついてたし。


 春河先生、どことなく絵が(目が)石ノ森先生っぽいというか、「おっ、石ノ森してるな」というときの島本先生っぽい感じがする。私の中の石ノ森っぽいってなんだ。石ノ森というより、もっとうまいカテゴライズがあるような気がする。
 4月号分まで掲載って、すごいスケジュールで出たんだなあ……。


○登場キャラクター一覧(モブ、イメージカット含む。本人かどうか曖昧なのは「?」付きです)

表紙 本居小鈴
1p 稗田阿求  
2p 博麗霊夢 霧雨魔理沙  
11p 射命丸文?(くしゃみをしているシルエット)  
13p 八雲紫 八雲藍 河城にとり アリス・マーガトロイド  
30p 小野塚小町 鍵山雛 秋姉妹  
36p 森近霖之助  
76p 十六夜咲夜  
77p レミリア・スカーレット パチュリー・ノーレッジ 物部布都 霍青娥 宮古芳香?(青娥の奥に立っている人影)  
83p 二ッ岩マミゾウ  
84p レティ・ホワイトロック ミスティア・ローレライ 幽谷響子? 魂魄妖夢  
88p 火焔猫燐  

○おまけ漫画  
125p 聖白蓮 村沙水蜜 封獣ぬえ 雲居一輪 雲山
128p プリズムリバー三姉妹 幽谷響子 八坂神奈子 豊聡耳神子  
129p 寅丸星 ナズーリン  
131p 伊吹萃香 星熊勇儀  

○設定資料集  
141p サニーミルク ルナチャイルド スターサファイア  












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1935-82f3cd8e