しっぽきり

「わかるように言ってよ!」

 男には男の世界がある?




 ED的に。
 直後の次回サブタイにはヒャッハーでした。

 過去を(苦しみながらも)捨てられた不二子さんと捨てられなかった兵部少佐とか、過去を背負ってないからこその薫さんと過去を背負ってしまって戻れない兵部少佐とか。つい姉の一面が出てしまう不二子さんとか。大変おいしいシーンが一杯なエピソードでした。
 桃太郎がヒノミヤさんの素性をしゃべってたのは
 というか、椎名先生が語り尽くしててどうしたらいいものかなレベル。

 ヒノミヤさんの、バイオチップを砕いてもらった直後の「あっけないもんだな」は、拘束というか、繋がれていた鎖を破壊するのは「あっけないもんだな」という意味での伏線説。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1932-e53cb63c