しっぽきり

「あの子達に手は出させない」

  ああ、うわあ……。

 
 
 あのお人形だったパティさんが子供達とこんな……。あと、マッスルがかっこいい。マッスル。
 というように、子供達を守るパンドラメンバーが逐一かっこよく、真木さんに至っては兵部少佐を叱咤する副官ぶり。パンドラいいなあ……。

 暴走気味だった兵部少佐。
 戦前編をやった効果が出てきてるなあ。
 超能力者というより、気功戦士みたいな感じだったけど、「解き放てアンリミテッド」だし、まあ、相手も多かったし。どんだけ危険視されてたんだ、パンドラ。
 ラストは、力尽き落下。カタストロフ号も沈没。玉座も海の底へという展開に。
 「原作との兼ね合いもあるし、沈まないだろ」という気構えでいたので、驚いたし、玉座まで沈むシーンはなかなかに衝撃的でした。どうなるんだ、これ。

 合衆国の局長が予想通り約束を反故に。ユウギリさんになんてことを……。というか、更に黒幕が。あの人だったりするのかなあ? (追記:おもいっきりEDにクレジット出てましたね……。いや、すごいことするなあ、このアニメ。というか、所見で気づかない自分のダメ耳っぷりに……)
 ヒノミヤさんは、あれであれしてああなって。とりあえず、綺麗な「胸元にあった大切な物が銃弾を防いでくれた」パターンを見せてくれました。行動については概ね「そういう立場ですしね」という感じ。

 能力無効化しても運動エネルギーは消せないって流れ、リリカルなのはでも見たわあ、Stsの漫画で見たわあ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1929-9146e3b5