しっぽきり

「私のことは本当の姉だと思ってくださいね。これからはずーっと一緒なんですもの」

 ああ、ああ……。
 そうだったらよかっのに。


 現代も現代でそれなりに楽しそうではあるけど。
 

 過去編スタート。
 OPがモノクロで、テロップが縦な過去編仕様はなかなか乙でした。
 基本的な流れは原作通りで、アニメのトーンに合わせるためにいくつかのシーン(とギャグが)カットに。ドクイツも第三帝国に。
 乗馬シーンがカットなのは残念でしたが、ベッドで考え込むシーンが追加されたので、納得できる流れでした。
 逆に、海軍士官を倒してしまうシーンは、ちょっと勢いが足らなかったかなあと。あっ、ハイキックはありがとうございます。


 光る眼鏡、早乙女大尉の中の人がテッカマンでガルマ。おお……あの単細胞のあまちゃんが立派に……。いや、009オマージュらしいですが。
 人は自分の能力を活かさずにはいられないって部分は、早乙女大尉の場合は超能力ではなく、自分の才覚なり野心なりにと考えれば、早乙女大尉自身にもかかってるのかなと。

 シガちゃんのイケメン具合がすごいな。
 薫ショタボイス京介少年、いける!
 不二子さん、髪は白髪になってるんだなあ……。

 さあ、試作機のプロペラは2枚かな? 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1924-e9c72a6d