しっぽきり

「油断も隙もないな、この泥棒猫め」

 フラグが乱立しすぎてて困りますわ。

 
 半端者のアンディ・ヒノミヤ。
 半端者の自分には潜入捜査がお似合いとか言ってた結果が、パンドラにもなりきれずカタストロフィ号に残ったエスパーの助命をお願いするも変なフラグを立てたっぽかったり、銃を突きつけられたりする有様だよ!
 どちらに徹することもできないあたりがたまらず愛しい。
 中途半端だからこそ、少佐にうまい具合に光を当てられると考えるべきか。

 体調が怪しい上に、薫さんもヒノミヤさんもノーマルを捨てないので精神的にもかなりきてる兵部少佐。
 好みの問題というか、少佐自体もそもそもという感もあるので。
 薫さんにも圧勝。アンリミ少佐は強いなあ、というか、容赦無いな、今回の戦い方。

 カタストロフィ号の中枢+アンディさんが狙ってたのは、伊八号の脳味噌。
 船飛ばしたり、予知したり、色々とスペック高いなあ、イルカの脳……。
 10巻時点ではあの脳味噌、廃墟にあったから、カタストロフィ号の建造は割と最近? 移植しただけの可能性もあるけど。

 宇津見さん登場、というか、過去編突入
!?
 幼不二子さんの出番か……!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1919-fc8d040c