しっぽきり

「奴らに復讐したいなら手伝ってやる。平和に暮らしたいなら、そうしてあげる」

 この言葉と、そして演技の厳しさと優しさの使い分けがすごくいい。

 ヒノミヤさんとユウギリさんが絆を深める一方で、明かされる少佐の過去とパンドラメンバー達の絆。そして、サプライズパーティというお話。

 ユウギリさんのかわいさが爆発しつつ、少佐の体のことや過去を明かしつつ、アニメオリジナルキャラの関係を深めるのを無理なくまとめてるパーフェクトさ。ユウギリさんの暴走シーンにいくまでの流れがちょいと強引だったけど。
 ラストの来年について違う理由で自分がいないかもしれないことに思いを馳せる二人もグッとくるものがありました。
 皆本さんが、ヒノミヤさんと手合わせしたときの伏線を回収。あれで見抜く、皆本さんの天才っぷり。不二子さんも、「あ、そっかぁ。まだそこまで信頼されてないんだぁ」がかわいかったり、食えなかったり、少佐への思いがあったりと美味しいシーンでした。

 朧さんが初登場。UNLIMITED朧さん有能そうだ……いや、原作もふつうに有能なんだけど。
 マッスルさんも、やや抑えめ。間違いなくキャラケーキを作ったのは彼女だと確信させるパティ。
 地味に、ちさとちゃん悠里さんもチラリと東条。
 長くなさそうと悟った誕生日に、チルドレンを見に行く少佐の心境もなかなか……。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1915-d187fd5b