しっぽきり

山中で助けた美女・れい子に恋心を抱く健。だが、れい子は東条の婚約者だった。涙の心の寂しさに、健も人の子、恋をした。だが、恋しちゃならない渡り鳥。さすらいは、明日­からまた続く。
○早川

「なに!? 早川健が女を好きになったというのか?」

 首領Lもそんなに驚かんでも。
 恋をする早川。しかし、その相手は親友である東条の婚約者だった……! というお話。
 真相を知るや、二人の仲を取り持つ方向で動く早川が良い人すぎてつらい。
 母親回とかズバットスーツ強化の時みたいなテンションではしゃいでたら見てる側がいたたまれなくなってていたところだった……。
 他には川から赤ん坊が流れてきたと思って助けてみたら爆発したり、思い切り町中で歌ってみたり。

○ボスと用心棒

「多くの人々を殺め、悪事の限りを尽くし、あまつさえ何の関係もないれい子さんまで殺そうとした天山会のボス、ドン天山! 許さん!」

 ちょっと歩いただけで襲われる黒谷市にしつこく戻ってきたれい子さんサイドにも多少問題はあるのではないかと思いつつも、まあ、許さんよね。
 そんなわけで、2月2日はメキシコにいとった、仙人然とした髭と髪のドン天山が今回のボス。早川が市外に出ると安全宣言出すぐらいに、テリトリー意識がはっきりした組織だったのかな? あるいはこの世界自体、いろんな悪の組織がひしめいているから、市外は無視なのか。元締めがダッカーなのを考えると縦割りなのか。大変そうだなあ、悪の組織も。
 用心棒は占い師、ウリ・ケラー。ネーミングに迷いがないなあ。超能力要素皆無だけど。せい竹使いのプロだとか。早川の足の周りにせい竹を突き刺すも、早川に帽子に刺し返され敗北。勝負よりは、せい竹を爆弾として使っていたほうが驚きで、ズバット戦でも使用。火薬がものすごいことに。
 早川が恋をしてることを当てたあたり、占いの腕は確かだったのか、単に男女でいたからの当てずっぽうなのか。
 ところで、今回のカードは殺人と極悪をなんで反対にしたんだろう。
 
「この者 殺人極悪犯人」













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1904-519c4968