しっぽきり

同じテニスクラブの新也に憧れている少女・いぶきは、偶然、新也の父・石上社長がデビル団に殺害される現場を目撃してしまう。デビル団の企みによって憧れの人新也に犯人と­疑われるいぶき。果たして彼女の汚名は晴らされるのか!?
○早川

「光がまぶしい、灯りが怖い。…………吸血鬼のようなデビル団を退治しに来た男さ」

 野球場のライトを点いた瞬間、グラウンドの真ん中でギターを弾いている、誰かにスイッチを入れさせたとしか思えない早川。
 お馴染みの気絶させた相手を合図で一斉にダウンさせるアレも、今回はヒロインであるいぶきさんにギターを叩かせてダウンさせる早川。
 いぶきさんが捕まっては、同じ護送車に乗り込むために、警察署の看板を奪い、警察官を殴り倒し逮捕される早川。
 いつにもましてやりたい放題だな早川。

「俺、なんだか早川さんの助手になるのやめたくなっちゃったよ」
 
○用心棒とボス

「罪もない人々を殺し、さらに善良な石上社長を殺し、あまつさえその目撃者まで卑怯な罠を用いて殺さんとしたセントデビル! 許さん!」

 日本じゃあ二番目の鎖鎌の使い手、レッドフォードさん。ウェスタン風の格好だけれど鎖鎌、鎖鎌なのにレッドフォード。いぶきさんを宙づりにするも、早川にいぶきさんを解放され、自分が宙づりにされたあげく鎌がいつ刺さってもおかしくない状態でそのまま放置されるという形で敗北。ズバット戦も、拘束し、早川から学んだ技(鎌の投げ付け)で戦うも、一〇トンの力にも壊せないはずの特殊スチールをズバットに普通に引きちぎられるという屈辱を味わい敗北。
 演じるは阿藤快氏(声は渡部猛氏)のセントデビルさんは、早川の拷問に、北海道にいたと答え、記念すべき初のアリバイを主張したボスに。
 どうでもいいけど、護送車からダイナマイトで飛び出すいぶきさんの妄想シーンがやたらと綺麗な飛び方でした。

「この者 極悪殺人犯人」

○東条

 早川にいぶきの保護をしてほしいと呼び出される
 ↓
 拳銃からいぶきの指紋が発見(デビル団の罠)されたので、いぶきを逮捕する方向に変更
 ↓
 早川に殴り倒される
 
 東条さんは、転職したほうがいいんじゃないかな……。

○いぶきさん

 片思い相手の父親が殺されることを目撃し、デビル団の罠にはまり容疑者に仕立てあげられ、片思いの相手に無実を訴えに行ったら警察に通報され、護送車に乗せられ、殺されかけるという、失恋というには異常にヘビーな体験をしてしまったいぶきさん。
 早川の肩たたきに、真相を悟り、ラブレターを破る下りはなんと言ったらいいものか……。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1895-e576a2ad