しっぽきり

銃器密売を行うタイガー団を潰すため、ボスのゴッドタイガーに近づく東条。だが、ズバット打倒を企むタイガー団は東条を罠に嵌め、ズバットをおびき寄せる。危ない!熱い友­情に燃え、急げ健!戦え、我らの快傑ズバット!


 なんかもうgdgdになってきた感があるので、普通の形式で。あと、ゴールドライタンもストップで。
「どうだ東条! あはっ、大成功だ! アハハハハッ! もう大丈夫だ……ああっ……!? あっ……ダメか……」

 そんなに落ち込まないで早川さん……。


 10話ほど好き勝手叩きのめしてきた早川さんですが、今回、いろいろと言及されました。

1・ズバットスーツの5分制限

 5分制限をどうにかしようと、改良を始めたものの、結果は失敗。直前の成功したと持って喜ぶ早川さんが嬉しそうなだけに、ついこちらも笑顔がこぼれます。
 そして、どうしたものかダッカー側もズバットスーツの5分制限を知ることに。その情報掴むより、ズバットの正体掴むほうが容易いんじゃ……。
 ズバットスーツ、スペアあったのか。

3・警察でのズバットの扱い

 善悪はおいといて、いきすぎた暴力がうんぬんで全国で指名手配される声もああだこうだ。
 やってることは私刑だしなあ。逆にズバット側としては、警察が信用できない。日本各地に、悪の組織が大手を振って活動してればなあ。
 ズバットスーツ、正体隠しの意味があったんだ。生身で用心棒との肉弾戦を制し、(今回も)撃たれても死ななかったし、あっさり回復する超人早川だけあって必要性を疑ってましたが、必要性を疑わなくて済む。
 変身しようと思えば、すぐに変身できるものらしいことが判明。これで変身・ズバッカーで駆けつけの説明が付く……のか?


3・東条

「早川、これ以上英雄気取りはやめろ。でないと、俺はお前を逮捕しなければならなくなるぞ」

 ズバットカードを拾う役割が板についてきた東条さんが、早川の親友として機能。オトリ作戦も敢行。内容は、早川さんの指摘した通り、アレというか、撃たれて倒れるタイミングの練習に1ヶ月もかけんでもというか、民間人を使わんでも。

「早川、ありがとう」「へぇ↑?」
 
4・用心棒

「動くと前歯がなくなりますよ。さ、いい子さんでね」

 必要のない、前歯ティーアップを強要するあたり、そら危険視もされるわという早川さんである。
 ゴルファーの佐丹とゴルフ勝負。 白ボールがどこから来たのかちょっとわからなかったです。
 勝負に負けた後、罠にはめたりと今までの用心棒とは一味違う狡猾さを見せてくれました。
 再戦はドライバーを三節棍として使用。……ゴルフ?
 最後は、鞭で穴に放り投げられ敗北。

「見事な、ホールインワンだぜ」

5・ボス

「この者、銃器密輸極悪犯人」

 タイガー団のゴッドタイガー。
 東条を捕まえ、時間制限狙いで鉄板の部屋に閉じ込めたり、扉を開けたらバズーカが発射される部屋などのトラップを用意するも、鉄板はムチで亀裂を作ってこじ開けられ、後者は天井を破壊して入室されるなど力業で破られ、本人自体に戦闘力はなかったので、拷問の後、屈することに。

「行くのか?」
「風が俺を呼んでいる」












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1879-f41720ac