しっぽきり

13話「オヒナ危機一髪」
14話「反乱メカ地獄」
 ヒロ君とおヒナの兄妹愛エピソード。
 一度お金をたかって断られたために、素直におヒナからプレゼントをもらわないという意地を張るあたり、ヒロ君もまだ子供だなあ。しかし、兄妹の危機に一言も漏らさず、Bパートになつてようやく登場、というか、即バンクシーンという。

 今回の作戦は、マンナッカーさんが立案のゴールド作戦。担当は勝負をかけたのか幹部三人全員。銀行から金の延べ棒を強奪、使えるの? ……と思いきや、金からのゴールドエネルギを使用した、ゴールドライタンにも勝る超ゴールドロボの製造。すごいな、ゴールドエネルギー。
 超ゴールドロボの外見はファラオというかジャイアントロボというか。そもそもジャイアントロボがファラオなのか。まっ!
 発進シークエンスが水面が割れて迫り出すマジンガー方式。
 組み合う、チョップ、パンチ、キックと本格的な格闘戦を見せ、触手でENを吸収し、口からは冷気(?)を出してライタンを苦戦させたものの、呼び出されたメカニックライタンに触手を切断され、ゴールドクラッシュ! ご丁寧に顔面を抉られモツ抜きで終了。
 
 走行中のダンプから落ちても、特に怪我がないおヒナの耐久力が恐ろしい。
 チビは賢い。さすがにタツノコペット。


○14話

「メカの気持ちがわかってこそ、本当のメカ好きと言えるんだ」

 そんなヒロパパエピソード。不自然なぐらいまで顔が出てこない構図で描写されてたので、ここまでフィーチャーされた話がくるとは。
 自分の修理した機械が暴れてショックのヒロパパだが、暴走バスに乗ったおヒナの危機とヒロ君の激に立ち上がるというお話。
 ヒロ君の運転するカートから暴走するバスに乗り移るシーンの動きは、親子を感じる動きでした。前回のおヒナも含めて怪物一家だなあ。

 今回の作戦は、立案・実行マンナッカーさん。一時期が嘘のような働きぶりだなあ。
 細胞分裂して成長し、油とともに広がるクレイジーオイラーに機械を反乱させるのが今回の作戦。結果、街が大惨事に……。
 特性上、複数体、固形ではないから打撃も通じない。さらには、ライタンを包み込み、浸食、操るところまでいったものの、小さくなり支配下から逃げられた上に、新技「ハリケーンアタック」(回転し、竜巻を起こす)で宇宙に放り出され大爆発。

 おヒナ受難の回だなあ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1869-f4b24f06