しっぽきり

第5話「花売り少女と白い粉」
紅バラ連盟のボス・紅蜘蛛に育てられた少女ミチルは、夜の町で花とマッチを売っている。だがこのマッチこそ麻薬密売のタネだったのだ。紅バラ連盟からミチルを引き離そうと-する健。だがミチルの育ての親である紅蜘蛛はミチルを始末しようとしていた。

・東京に戻る。
・みどりとオサムが紅バラ連盟の下っ端にボコられているところに、ギターを弾きながら登場(逆光・夜霧)
・「地獄から来た掃除人。お前たちみたいな埃を掃除して廻っている男さ」
・叩きのめし、去っていくところに「バイバイ」
・オサムをたてつつ、みどりに旅をやめるように忠告する。
・マッチを売っていた少女ミチルの事務所にミチルを連れて帰るために殴り込む。
・そこに登場した用心棒ハスラーを「ビリヤードのキュー使いの名人。ただし日本じゃあ二番目だ」と煽る。
・日本一はと問われ、例のあれ。
・二本の瓶の口に乗った二個のボールを打ち落とす勝負で、クッションに当てて浮かし落としたハスラーに対して、同様の方法でボールを落とすだけにとどまらず、観戦していた下っ端にとばしたボールを当て、その反動で瓶の口に戻す技を披露。
・が、ミチルは好きでやっていると言われ、連れ帰れず。
・ミチルがバラとマッチを売っているところを目撃、ミチルが逃げ出したところを追うが見失う。
・ミチルが刑事に捕まっているところに割ってはいる。刑事と気づかずに彼らを叩きのめす。
・東条に事情を聞いて驚く。
・刑事たちの目の前でバラの茎に仕込まれていた白い粉をなめる。「麻薬だ」
・その後、警察署へと移動し、麻薬中毒患者を見せられる。
・子供でも関係者と怒る東条に、子供だけは信じたいと語る。
・再びミチルと会い、売らなくても言いと語りかけ、家に帰ろうと諭すが逃げられる。
・Bパート早々、紅バラ連盟のボス、ベニグモのところに殴り込む。
・ベニグモを殴るが、ミチルに止められる。
・ベニグモのおじちゃんは恩人と語るミチルに真実を語ろうとするが、ミチルのことを考え語れず、ベニグモの部下達に、ハンドポケットの無抵抗で殴られる。
・ミチルが制止してくれたので、外に放り出される。
・港で、天国の飛鳥に本当のことを教えるべきかどうか語りかける。
・三時までにミチルが殺されると紅バラ同盟に教えられる(描写なし)
・宙づりとなったミチルを救うため、無線操縦の車を囮にして、別のところから近づこうとするが、ミチルに銃を突きつけられ、失敗。逆に撃たれて、転げ落ちた、と思いきや、ズバッカーのエンジン音と共に舞い戻り、ミチルを救い出す。
・「ズバット参上! ズバット解決! 人呼んでさすらいのヒーロー! 快傑ズバット!」
・「多くの人に麻薬を売りつけ廃人にしたうえ暴利を貪り、あまつさえ罪もないミチルちゃんを利用したあげく殺そうとしたベニグモ! 許さん!」
・下っ端を一蹴。仕込みキューを使った棒術で戦うハスラーも、逆にそのキューを奪い突き刺し倒す。
・ベニグモを鞭打ち、放り投げ。
・「ズバットアタック!」(普通の跳び蹴り)
・飛鳥について、ベニグモに問い詰める。
・知らないので、殴る。
・「この者、殺人未遂麻薬犯人」のカードを残し、去る。

 どんな話かと思ったら、大体タイトルどおりだったという。
 いきなりマッチ売りの少女が出てきたときは何事かと思いましたが、一応理由づけがされたのでよかったよかった、のか? 演出的に。
 早川さん、公務執行妨害に、目の前で麻薬舐めはさすがに……。男であるオサムの顔を立ててたところが、地味に優しい。車の無線操縦をサラッとやってのけてるところは恐ろしい。ミチルちゃんのために、車一台を潰す覚悟で突っ込ませる早川健、恐ろしい。
 そういえば、(味方サイドに)死人無しは初めて? ミチルちゃんが、これまでと違って、身も心も悪のサイドの手中にあったのが死者が出なかったという意味においては幸いした、というべきか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1866-74fd9c21