しっぽきり

「お前友達いないのか? 委員長なのにいないのか? 暗そうだからか?」

 さあ? どうだろうね(震え声)


 前半は委員長大島さんに、後半はバランスを取るように雫さんに使われる第6話。
 前半で「大島さんかわいい!」、後半で「割り切っちゃだめだよ、雫さん!」となり結果として、どっちを応援したらいいんだろうという気分に。春さんがキンタマ含めてまっぷたつになる方向でなんとかなるまいか。

 三角関係を完成させたはずの大島さんが、一番気まずくなる図書館のシーンの居心地の悪さがすばらしい。表面上はドライアイスとド天然だけに、大島さんの心臓に悪そうな関係だなあ。

 春さんは、「委員長になりたい」よりも、「推薦されたい」のベクトルのが強そう。しかしに、先週のを引っ張って真に受けるとは思わなんだ。

 ゆうちゃんはゆうちゃんで、なにか失敗してるような気がしないでもない。

 夏目さんの気を遣ってるようで、遣いきれてなさが愛おしい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1859-665f074e