しっぽきり

「それは友達的な意味で?」
「性的な意味で!」

 動物的……。
 初日、流血沙汰を起こした吉田君にプリントを届けた水谷雫は友達としてロックオンされ……。

 まあ、色々ある内に冒頭の台詞が逆転したような? という第一話。あの金髪の人も絡めてどうこうなのかなあ。
 最後のアレは、一位にはなったけど、不在を感じて大切さを改めて知ったというあたりかな?
 
 雫さんより頭のいいキャラがいるという展開からの吉田君は意外でした。てっきり新キャラかなーと。

 ウサギの死に涙を流したから、気がつくと手が出てるから疎外された同士の共感とか、吉田君の不適合っぷりを見せつつも雫さんの人間性回復みたいな側面もあるのかなあと思いつつ、最後みるとそうなのかなあという感も。

 追い剥ぎ先輩達は、雫さんすらまともに御しきれないで吉田君に何をしようとしてたんだろう……。

 吉田君の「友達」に抗議する雫さんの、心の声と表情・肉声のギャップがすばらしい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1842-ca732fb4