しっぽきり

「どうもこうもない」
「どうなるか分からないけど」
「歌わなきゃやってらんないよ」

 らんないよ。
 聞かせたり 泣かせたり

 和奏さんの教頭転がしが止まらない……。
 友達ということで、重ねてくるのには「そうだよね、教頭とママンもきっとそうだったんだよね」と、ついウルッと。

 和奏さんが完成させ、来夏さんが熱く、ウィーンの包容力が極まり、沙羽さんの得意角度が斜め上であることが判明し、田中さんが落ちる。あと、多分、最後だろうに修正されなかったね。
 前提がさすがに無茶というのは変わらないけど、死ぬほど盛り上がってるしどうでもいいんじゃねという気分にもなりつつあるぐらいに逆境に負けない合唱部が好き。

 手芸部のシングルお団子めがねはありがとう、そしてありがとう。

 校長の意地を見せようとしたものの、流用トーク→論破の流れは、自分の言葉でしゃべることの重要さを教えてくれますね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1837-e0732135