しっぽきり

第23話「トップは誰だ?! ピンからキリの大運動会」
ネロス帝国全軍団対抗競技大会が開始された。数々の難関を次々と突破し、ゴールを目指す各軍団員たち。一方、ネロスの命を受けた爆闘士ロビンケンは、メタルダーをおびき出­すのだが......。

第24話「プリンセス天功VSガラドーの魔術合戦」
マジックショーで流星が狙われた。ゴッドネロスの罠の前に舞と八荒が絶体絶命のピンチに陥る。メタルダーと引田天功は、ガラドーの魔術を破れるのか?
○23話
 
「フホホホ。余が期限のよい理由を教えてやろう。
 株や輸入の利益は先月の3倍にも達した。ネロス帝国の繁栄はもはやとどまるところを知らん。
 だが、金の力だけでは世界は征服できん。
 必要なのは命がけで戦うという気力だ。
 余はここに全軍対抗競技大会の開催を宣言し、皆の者の戦意を高めたい」
 
 そんなわけで大運動会、はっじまっるよー!
 ネロス様も戦前の人だなあと思いきや、結果的に、ただの運動会ではなくメタルダーをおびき出し、ナンバー2の座を人参にして戦わせようという計略で。
 いや、でも、運動会関係ないんじゃ……というか、疲れてるところでわざわざ戦わせなくとも、メンバー揃ってるんだから数の有利を活かせば……。
 運動会が大前提でメタルダーを絡ませようとしたらこういう形になるのも仕方ない……のかなあ。今回倒されたヨロイ軍団爆闘士ロビンケンはおびき寄せしてて運動会はまるで関係ないけど。一人、正論を吐いてたロビンケンさんが結局、貧乏くじをひくというのが無情。

 という種々の疑問はありつつも、メタルダー特有の豊富な敵スーツが入り乱れる運動会とBGMは魅力的でした。

 タケシ少年の求めに応じてポーズを取るメタルダーはサービス精神旺盛。


○24話

「私とマジックの勝負をしない」

 さすが天功さんや!

 実在の大物、プリンセス天功登場回。
 今回の怪人は、ネロス軍団きっての魔術師、ヨロイ軍団爆闘士ガラドー。目的は、天功の魔術を破り、メタルダーを抹殺すること。前者に一体何の意味が……。
 プリンセスの助手、沢村さんと入れ替わったまではよかったものの、肝心の天功との勝負に敗れ。最後はレーザーアームに轟沈。
 前回と続いて、決まり手がレーザーアームに。
 
 流星さんの、檻に閉じこめられたけど地面に穴を掘ってミサイル回避は、プリンセスに教わったマジックというにはあまりに力技な。

 最後のOPに合わせて、マジックを演じるプリンセスがシュール。全体の3分の1ぐらいはプリンセスの舞台を見ていたような。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1834-85189e14