しっぽきり

「シアワセノッシロイコナッ」 妖精さん、ハッピーになれる白い粉について語る。
 角砂糖、角砂糖だから!

 わたしちゃんアーリーデイズ。
 年上の新入生として入ったからクラスになじめないを通り越してイジメられてるから、学力任せのクソ戦略で進級、結束のないクラスで砂粒として生きることを望むわたしちゃんだが……? というお話。
 
 わたしちゃんの暗さ、Yさんのうざさ。
 まあ、飄々とはできないよね。
 妖精さんの力で大発展と崩壊! 的な話が2話続いた後のわたしちゃんガチ落ち込みはなかなか重い。

 無碍にされても進級についてくる、いじめられてもちょっとした救いがあればその隙間に確実につけ込む巻き毛ちゃんのバイタリティすげえ。変態予備軍を抜けてるかなあと思わなくもない。朱は交わって赤くなるのだ。
 あれで黒幕だったら怖いけれど。

 妖精さんとわたしちゃんはこの時がファーストコンタクト?
 妖精さんもなにをしたのやら。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1832-9804c411