しっぽきり

「流行る、これは流行る。全国的に流行ってしまう」 調停官、楠の可能性について語る。
 ピックアップするような台詞がないというか、妖精さん、一言しかしゃべってない?

 開幕謎空間で始まり、沢城ボイスなどこまでも腐っていける友人Yが投入される第三話。巻いてるなあと思ったのは、Yが麗人的に振舞ってるから?
 コピー機、輪転機、MOディスクとあのお屋敷は一体。集めたんじゃなく、ご先祖が残してたのかな。
 ともあれ、ロストテクニックであった漫画が発掘され、世界は腐敗の一途を辿る。
 発掘から、コピー。オフセットから同類誌、模倣と乱立、サークル、過当競争、シナモンショック。そして「ダビデの薔薇園」へ。広まっていく様が、ダイナミックで素敵でした。まあ、娯楽も少ない世界だろうしなあ。グーテンベルクさんは泣いてもいい。あと、マシューの恋路に幸あれ。

 謎空間に閉じ込めたのは、問答無用に妖精さん達でしょうが、脱出前に遊ばれるのかな?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1799-74d4f47f