しっぽきり

 不二子は本物の峰不二子で、アイシャの記憶をインストールされてたからこそ、ああいう弱々しさが出た、最後に「不二子ちゃああん」で既存シリーズに帰り着いたというのは、なるほどうまいことやったなあと感心しました。
 ただ、正直なところ2時間スペシャル向きかなあという印象が。正確には、このひっくり返しをするには、今まで12話やってきたというのが重すぎるというか。
 とはいえ、最終回でシリーズ全体の印象がだいぶ違ったのもたしかでした。

 アイシャが、過去を封印する不二子が許せなかったのは、過去=自分なわけで当然かなとも思い、ミネルバの不二子への球団も記憶をインストールされた分、本物なんだろうなとも思い。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1781-c4e8ecad