しっぽきり

 滅びの街オイレンシュピーゲルでルパンと銭形が見たものは。
 不二子の身元が判明したり、1話の教団が関連付けられたり、オスカーさんがオスカーさんだったり。最終的にろくなことにならなさそうだな、オスカーさん。
 おクスリ決めたみたいなトリップムービー。実際におクスリ決めてるみたいなものなんだけれど。

 対旧作のルパン群みたいな空気をそこかしこで感じることはあるけど、そういうのを見れば見るほど、「あ、私、旧作のルパンに漠然としたイメージしか持ってないや」という気分になって戸惑い気味に頷くことしかできず、不二子になると特にそれが顕著で、極端な話、「都合の悪い時に出てきてルパンを裏切るんだけど不二子だから許してもらえるという、都合のいい男の都合通りにいかない女」というイメージだったんだなということに気づいてどうしたらいいもんか。
 対旧作という感覚自体が幻覚か。

 ほぼルパン視点でお話が進んで、前回の引きだった五エ門と不二子は描かれず。あと、次元がいなかった。常時一緒にいるってわけでもないのか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1768-245c9b15