しっぽきり

第23話「ブタになったRX」
マサオが手に入れたキーボード、それには不思議な能力が秘められていた。次々と姿を変えていく人々。そしてボスガンの前に現れた光太郎の姿。闘え、RX!怪魔獣人ガイナバ­ラスを正義の拳でぶち砕け!

第24話「パパはドラキュラ」
奇怪な行動を続けるアキオの父親。ゲドリアンのカミラ族繁殖計画に封じられた親子の愛が光太郎の怒りに火をつけた。
燃え上がれRX!邪悪な魂砕くため、正義の炎を解き放て!
◯23話

「ミナミ コウタロウ ブタ ニ ナレ」

 子供に真実を教えるのはダメだけど、悪党を騙すのはOK! いや、まあ、それでいいんだけど。
 ブタになった光太郎(と見せかけたジョー)の姿はインパクトがあるというか、ブタ人間やら子供がゴリラやら、顔出し千葉繁がブタになったりでお腹が一杯。
 人間は他の動物になれずすぐ死んでしまうというのは、クライシス側のミス。というか、牛や豚にして働かせるのも割が悪いなあ。
 
 細胞変換装置による特殊な超音波で
 今回の怪人・怪魔異生獣ガイナバラスは、二本角の剣士。それなりに善戦はしてるんだけど、作戦の本質的に関係がないのでインパクトは薄く。リボルケイン出されたら、すぐに剣を弾き飛ばされちゃうし。関係ないけど、抜かれてから倒れるまでは微妙に長かった。

 犬になった猫の扱いに手こずり、キーボードを壊す。ブルースブラザーズっぽい黒ずくめの人間に変装したかと思えば、改めて持たされたキーボードを車で運搬中に子供が投げたボールにハンドル裁きを誤り、事故死。ゴリラになったとはいえ、マサオ少年に三対一で敗走。
 ガロニア姫の時といい、チャップってものすごい役立たずなんじゃ……。

○24話

「父と子を引き裂き、罪の無い人達をドラキュラのように増やし、自分達の餌にしようなど、この俺が許さん!」

 怪魔異生獣の餌にされてきた一族の生き残り、ミラ族の生き残りで、その体質を伝染させるリックストーンを埋め込まれ人間界にスパイとして送り込まれたお父さん、とお父さんをドラキュラと勘違いするその息子アキオ君の葛藤のドラマ。見応えはあったけど、最終的に、お父さんを殺して自分も死ぬと決断するアキオ君が末恐ろしい。
 前回に続き、今回も細胞変化系の作戦。

 ジョーが夏っぽい服に。あと、前回の忠告はスルーしてアキオ君を強めに問いつめてる。光太郎もだけど。

 最後は苦いEDだなあと思ってたら……あ、起きた。

 挿入歌でてつをソングが流れる。うーむ、てつを。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1739-5c4dce20