しっぽきり

「アニメを間に受けて何が悪い!」
 冒頭、クリスさんの死亡シーンもう一度流すのは無粋じゃ? とは思ったけど杞憂というか、なるほど一話の中に全部詰め込む必要だなと納得。
 
 信じ切った未来さんも、取り乱しながらも最後には背伸びして頑張ったアニメっ子、ユミさんも、そして最後に立ち上がった響さんも、皆かっこよかった。

 なにより、防人かっけえ。
 暴走響さんを受け止めてからの「影縫い」。
 啖呵を切ってからの「絶刀・天羽々斬」。
 奏さんに助けられてのカディンギル破壊。
 いや、素晴らしい。

 そして、最後の流れ。助けた女の子がキッカケで、守りたい日常の象徴であった学校の施設でのサポートで、友達が協力して、響さんが好きだった校歌を歌う。そして復活したと思ったらOPが! 冒頭になかったから、最後にOP持ってくるのかなとは薄々思ってましたが、ここまで上げてくるとは。
 いや、素晴らしい。
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1726-f357edb8