しっぽきり

 殺すしか能のない女(中2)
 同棲、二人でお風呂、そして……。
 そんなわけで一日前倒しのハッピーエンド。世界が終わるというのに、やたらと静かな二人が不思議。逆らう気がないと思えばあんなもの?
 性行為の後、斧を持ち出す由乃さんは恐ろしい。ヤンデレシチュエーションは奥が深い。

 由乃さんが神様! なのは知ってたけど、過去に戻り、自分自身を殺してすり替わっていたとは思いも至らず。銀行の認証の件も納得。
 こうしてユッキーは、ヒロインの仇を討つためにヒロインと戦うという構図に。倒錯してるなあ。というか、本当にそうなのか、この状況は。

 ユッキーの、皆生き返らせるという望みは、時間戻れるなら叶うようにも思えるけど、結局デウスの死が近づけば、また同じことやらなきゃならない(人殺しせにゃならぬ)から、そうもいかないのか。

 ところで、一周目の由乃さんはかわいく見えるけど、でもユッキーパートナーで最後まで勝ち抜いてるし、まあ、それなりにそれなりなことやってきたんだろうなあ。
 
 由乃さんの根本的な解決にならないまでも、幸せなまま一日を終わりたいっていう感情はよく分かる。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1724-22c8943c