しっぽきり

第17話「バイオライダー!」
ガロニア姫の神殿に囚われた光太郎。マリバロンがジョーと茂の抹殺を命令した。脱出不可能!ロボライダーでさえ抜け出すことはできないのか!?怒りの稲妻が煌き、奇跡は再?び起きた。

第18話「怪!夢の空中遊泳」
1万メートルの大飛行をするムササビ。だがその正体は怪魔異生獣・ムサラビサラだった。ムササビ症候群が猛威を振るい始める。ビルから飛び降りる人々。そして、光太郎にも?その毒牙が迫った。
◯17話
「ひとみちゃんと茂君を助けなければ死んでも死に切れんぞー!」

 不思議なことが起こった。
 死に切れないとは言うけど、どうやったら死ぬんですかね、あなた。いや、BLACK時代に一回死んではいるけど。
 というわけで、最強ライダー候補争いの常連、バイオライダー登場。
 ゲル状になって、滴が垂れるぐらいの隙間を移動、拘束されていた茂君・霞のジョーを一瞬で救出、ゲル状になってないのに攻撃が透過、自由自在に移動、存在意義が疑われるマックジャバー、今まで手も足も出なかったガロニア姫の攻撃を普通に捌く。
 うーむ、噂に違わない。
 地下1000mの地下牢に落として、壁で圧死というところまで行って、こんなのに覚醒されてはマリバロンもたまらない。ガロニア姫を殺し、ロボ・バイオに覚醒するきっかけを作るミスをしたチャップは、帝国滅亡の最大の戦犯
 でも、ひとみちゃんを救ったのは、茂君の兄妹愛。
 
 トリプロンはあえなく撃沈。三体合体というギミックがほぼ活かされなかった悲劇。

 バイオライダーもだけど、ひとみちゃんをどう戻せば→元に戻す奇跡の泉もあるんですってのもすごい話。

 本拠地に忍び込まれて、暗殺されちゃいましたって報告も、それはそれでどうかと思う。



◯18話
「子供達のムササビにかけた夢と期待を裏切り、命まで取ろうと企んだお前を許すわけにはいかんぞ!」

 一万メートルも飛ぶムササビに子供たちも興味津々。だけど、そんなムササビいるはずもなく当然クライシスの……というお話。
 RXの正体知ってて、クライシスにもさんざんおそわれてる茂君はもうちょっと違ったリアクションしててもよかったんじゃないかな。

 今回の怪人は、ストレートにムササビがモチーフの怪魔異生獣・ムサラビサラ。
 噛むことで、人間をムササビ症候群にして、飛び降り自殺させ、その混乱の隙にRXもムササビ症候群にするのが狙いなんだとか。

 マリバロンのRXに毒は効かないと評価してしまうのも、分からなくもない。二回は殺してるはずなのに、乗り越えてきたことを考えると、RX症候群にかかってもおかしくはなさそう。
 実際にはマリバロンの心配は的外れ。毒は効いた。ただし、バイオライダーに解毒剤を作られてしまう。
 毒を使った作戦の場合、解毒剤を作られてしまうケースは常道ですが、それを特殊能力で処理するバイオライダーが前回のなんでもありっぷりと相まって恐ろしい。というか、バイオライダーの顔に光太郎の苦悶する顔をあわせるシーンのインパクトがすごい。
 
 霞のジョーはナチュラルにとけ込んでいる。一万メートルをゆうに越したムササビの飛行を夜の暗いなか視認しているジョーと光太郎はさすが。
 霞網といい、飛行といい強化繊維が便利。直接的な戦闘でRXを上回るわけにもいかないし、こういう痒いところに手が届く活躍をしていくのかな?

 嘘飛行は、子供達のムササビにかけた夢と期待を思えば、これぐらい騙し返すのも意趣返しとして当然のこと。
 嘘飛行を含めて、霞のジョーとのコミカルなシーンが楽しい。佐原一家とのシーンがどこか空回りしていたこととの違いは一体。
 今回の決着は、久しぶりのリボルケイン。
 突き刺して、持ち上げて、引き抜く。爆発。
 やっぱりRXはリボルケインだ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1718-cb2935c2