しっぽきり

仮面ライダーBLACK RX 第13話「狙われた怪魔少女」
空からの贈り物。茂たちの目の前に現れた美少女・キララの中には、怪魔異生獣・フラーミグラーミが忍び込んでいた。茂の持つGクリスタルをめぐってクライシスとRXの大争­奪戦が始まった。

仮面ライダーBLACK RX 第14話「ひとみちゃん誘拐」
クライシス要塞に渦巻く陰謀。マリバロンの少女誘拐作戦の裏には、ジャーク将軍さえも欺く大計画があった。要塞の奥深く眠るガロニア姫とは?マリバロンの魔の手がひとみに­迫る!

 少女はつらいよ。
○13話

「この地球はオレが守る!」

 茂とケンゴの友情物語。
 光太郎が「友達と喧嘩」とか言い出すとドキッとしますね。

 今回の怪人は怪魔異生獣フラーミグラーミ。催眠っぽいことをしたり、中に入って操ったりと精神系? 触手付き。

 クライシスの今回の作戦は、次元転換装置を用いて、怪魔界と地球を入れ替えること。怪魔界という星って解釈でいいのか。ただ、その結果、怪魔界と地球はエネルギーに耐えきれず滅んでしまう。博士はその典を指摘したけど、無視。また、すごいギャンブルをするなあ。
 その作戦を可能にするGクリスタルは、なるほど研究すればノーベル賞もとれたかもしれない。

 少し前に起きたことを再生できるバイザーや、一瞬で服を変えたりと当然のことながら、科学進んでるなあ。
 博士、平和になったら怪魔界に帰るようなニュアンスだったけど……。

 リボルケインを持ちながらキック、チャップを切り捨てフラーミグラーミにブスリ、襲いかかるチャップを肘鉄でしとめる。転換装置まで押してリボルケインを引き抜く。フラーミグラーミの爆発で装置も破壊。
 一連の動作で、チャップ、フラーミグラーミ、転換装置を流れるように破壊した手際の良さは見惚れる。



○14

「冗談じゃないぜ! オレは今ひとみちゃんのことで頭が一杯なんだ!」

 妹にも等しい女の子がさらわれたらそうもなるよねというお話。
 今回の怪人は最強のロボット戦士、怪魔ロボット・デスガロン。けど、やられてません。一・二話除くと初の前後編なもので。
 
 カプセルの中で眠る六歳ほどの大きさの少女は、三ヶ月前に生まれた。クライシス皇帝の細胞を、特殊成長促進光線で育て、将来は絶対的な支配者となる。その名はガロニア姫。
 その姫が、なあんでチャップが瓶を落としたぐらいで死んじゃうかなあ。
 ムーロン博士も、もうちょっと粘ってもいいじゃない。
 何かに根本的な欠陥があるとしか思えない。

 予告でうたわれていた大計画は、この死亡を隠蔽するために、ガロニア姫によく似ていて、首筋に黒子のある少女をさらってくるというもの。深刻といえば深刻な話だけど、大計画かと言われると?

 マリバロンの隠蔽工作を見逃したジャーク将軍は、まあ、露見した時点で皆、処罰されちゃうならしょうがないよね。
 それ以前の四大隊長の「会わせろ」攻勢は微笑ましい。

 前後編で怪人が倒せなかったので、RXの活躍は目立ったものはなし。マクロアイは、デスガロン左胸の怪魔界に飛べる装置すら見抜ける、ぐらい。すごいなRX。
 どちらかというと、変身前の光太郎のほうが印象的で、ひとみちゃんをさらったマリバロンを追いかけるのに、ヘリコプターで駆けつけ、そのヘリコプターを乗り捨てる。ヘリコプター落ちたよね、多分。

 入浴シーンは、目を疑いました。時代の違いってすげえ。

うっかりペネロペ「家族っていいな編」 [DVD]うっかりペネロペ「家族っていいな編」 [DVD]
(2007/05/23)
不明

商品詳細を見る












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1704-e27b6bda