しっぽきり

「ハハハハハ ハハハハハ ナゾー、残念だがテレビは切らしてもらうぞ」

 アフリカに響くヤマトネ博士の高笑い。
 ライオンが百獣の王なら、お前はどんなサイボーグやロボットよりも強い百獣の王だ!
 ライオンの気性の激しさとゴリラの腕力と人間の優れた脳に一秒に三〇〇〇発のニードルガン、どんな岩石でも一瞬で溶かす火炎を口から吐く、合成怪獣ライガーマンはナゾー様にそう評されました。
 目的は、打倒黄金バット。幾度となく野望を邪魔してきた金の骸骨を倒せば、世界征服はなったも同然!
 まあ、そんなもんで成れば苦労はしないわけですが。


 一方、今回のヤマトネ博士は、アフリカの産業開発の調査に、ケニア草原のタンガ  に訪れ、いつものようにマゾさまに絡まれたり、火に囲まれたり、足となるジープを燃やされた後には木を切りイカダを組み、モーターをつけて、インスタントモーターボートとして川を下る、その際に木にカメラが仕込んであることに気づけば現地住民達が拉致されたと知ればもちろん救出に赴き、門番を首を絞めて落とし、バットさんを見れば「助かった」と確信、鉄の扉を見ればタケル君ともども体当たりというワイルドさを見せました。

 マゾさまは、一緒に敗走したはずなのに、共に指揮していたシビルさんを「逃げた」と指弾、自分を「ナゾー帝国のマゾ」と自己紹介、ライガーマンの改造のため水をせき止め現地住民を脅して作業を手伝わせる、水をほしがり倒れた現地住民の目の前で水を床に捨てる等々、絶対に悪役な振る舞いを見せてくれました。生き埋めになったように見えたけど。

 そして、今週のバットさん。
 ヤマトネ博士達を取り巻く火炎をマントを振って押し返し、逆に部下達を追い払う。ライガーマンのニードルガンでトゲだらけ! になったと思いきや効いてない、腕切り落としは基本、切り落とした腕に爆弾が仕掛けてあることを見抜き遠くに投げる、という形で第一Rに圧勝。
 再び召還されれば、マリーちゃんに銃を突きつけていた部下をなぜかバトンではなく棍棒でポカリ、改造されて秒六〇〇〇発のニードルガンを放てるようになったライガーマンとの再戦では、途中でヤマトネ博士達の行く手を塞いでいた大人十人でかかっても開かない鉄の扉をシルバーバトンの投擲一発で破壊、ライガーマンのニードルガンを火炎をこの上なく真正面から受けても当然ノーダーメージ、果ては素手にも関わらずすれ違い様の一撃でライガーマンを破壊、最後はダムを破壊して、せき止められ干上がっていた川に水を戻すと共にナゾー様の秘密基地を水没させるというアフターフォローの完璧さを見せ、世界征服が困難であることを見せつけるのでした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1694-c2e4d568