しっぽきり

 そういう世界線も存在するんじゃねーかな、きっと。
「さあ、楽しい楽しい映画制作を始めましょう」

 いつから檸檬先輩のことを脚本と錯覚していた?
 そんなわけで、その日の朝に何を撮るか考える香港スタイルで撮り始め、朝どころか、撮影ごとに話が変わり、その都度話を考える展開に、役者陣のアドリブどころか乱入もあり。その混乱に乗じるように、先輩は実質監督兼撮影も。
 一方では、霧島君のモノローグですらスルーされたように感情面では完全に蚊帳の外だなあ。宇宙人は偶然の一致なのか、知ってるのか。
 次回予告の最後に、フリーズ表情してたし、そこら辺に期待かなあ。沖縄って飛びっぷりも含めて。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1684-6c79ed49