しっぽきり

 あっ、最終シリーズではないそうです。念のため。



(この記事は週間少年サンデー21・22号のネタバレを含みます)



2020年 東京

 マンションを訪れたのは薫。十九歳。
 彼女に目に入ったのは、新聞記事

【ニューヨークでエスパー暴動。死者百人以上か】

 前後の脈絡からしてやったのは薫?
 記事に表情を曇らせる薫を、好意を込めず出迎えたのは葵と紫穂。

>「ただいま…」
 「久しぶりね…」
 「久しぶりとちゃうやろ!!」

 葵、紫穂の二人にしばらく会っていない。

>「皆本はんはあんたのこと捜しにNYに――」

 皆本は、NYでの事件に、薫が絡んでいると確信している様子。

>「私たちがあなたについていくとでも……!?
 パンドラの仲間になってノーマルたちと闘うと本気で思ってるの!?」

 紫穂の言葉、そして薫に向けられた銃口が指し示すのは薫の現在位置。
 思い出の詰まったマンションを爆破したあとの薫の答え。

>「来てくれるよ。私たち小さい頃からの親友だし……」

 わざわざ口にされた親友という言葉、握らせた親指。

>『私が何を見てきたか――裏でノーマルたちがエスパーに何をしてきたか透視ればね』

 薫が見てきたもの。それが薫を変えたのか、変わってから見たのか。

>「ノセられたらあかん、紫穂!! こいつはもう昔の薫やない!!
 その証拠にまだオヤジギャグとかかましてへん!!」
 「そこは変わったんじゃなくて、改めたの! やめてよ、その辺の話は!!」

 改めたのは時間がすぎたから? それとも立場が変わったから。
 そして、落ちていくオルゴールと、みんなの写真。

>「あたしだっで…ずっとあのころのままでいられたら…」

 その記憶は、美しい思い出。それでも、過去。

>「どんなに……」

 思っても、戻らない過去。











2011年――現在



>「いや~~っ、新一年生はカワイイったらありゃしねぇ!
 とてもあと4~5年で大人並の巨乳になっちゃったりするコがいるとは思えないね!!」

 今日も今日とて、もう二十歳ほど年とってて、男だったら青制服の公務員さんに、懇切丁寧な進路指導を受けそうなことを口にして目を細める薫さん。幼稚園に通う年頃のころからこんな感じだったらしいです。
 葵さんの胸も、女帝の心の中もきっと、あの頃のままなんでしょうね(´ー`)

 あんまり特定部位の成長がない葵さん、徒歩で帰るのもかったるいのでテレポートを試みます。しかし、そこに拳骨。天からではなく、夜勤明けの主任・皆本さんの一撃。先週までのエピソードといい、夜勤シフト多いなぁ。きっと、不二子さんのパワハラ。
 超能力通学は禁止です。悪いことなので、神様じゃなく人工衛星が見ているそうです。恐い時代ですね(((( ;゚Д゚))))

 その皆本が持っていた包みは、三人の進級を祝うケーキではなく、ただのおやつ、薫さん曰く地味、紫穂さん曰く工場の大量生産品のロールケーキ。
 でも、ロールケーキも捨てた物じゃありません。スイスロールとか神の食べ物ですよ。ただ、賞味期限が過ぎてないのにあんパンの皮がなんか酸っぱ(ry

 なんだかんだいって平らげるあたりは、チルドレンもお子様。お子様だからチルドレンなのか。成長したらなんと呼ばれるのか。
 そんな、人の心の闇を知り尽くして入るけどお子様な紫穂さんの一言。

>「でも、明日はちゃんとお祝いしてよね」
 「しつこいな!! しないってつってんだろ!?」

 明日なにかイベントがあるみたいです。
 チルドレンの誕生日、なら皆本もなんだかんだ言って祝いそうですから、皆本自身の誕生日でしょうか。
 それでチルドレンも秘密のプレゼントとか用意してるわけです。綺麗なメロディーの、例えば『コスモスに君と』のオルゴールとか。……メロディーは綺麗ですよ、本当に。

 夜勤明けの皆本さんは、三人におやつを食べさせた後、ゆうべはおたのしみだったのでベッドにGO。その時、薫の携帯にメールが。

 送り主はK.H。あれですよ。元幽霊ですよ。巫女と見せかけて本当は巫女服が死装束だっただけの詐術師ですよ。短期集中連載最終話のアンケートで、ハサミを入れられたことを恨んででしょうね。きっと、決闘ですわ。六時に公園でとか指示してるにちがいないわけです。ええ。でも五時にマンションにコンピーターを不正操作して、ミサイルとか打ちこんできますね。師匠が師匠ですから、勝つための手段は選ばないはずです。ああ、恐ろしい恐ろしい。
 とはいっても残念ながら、純粋ないい子枠はナオミちゃんが先週埋めてしまったので、おキヌちゃんの出番はありません。スターシステムなモブキャラとかで、出るかもしれませんが。

 それはそれとして、送り主は兵部少佐。薫だけではなく三人を呼びつけます。(葵・紫穂がついてきただけかもしれませんが)

>「三人とも進級おめでとう…!! また少し大人に近づいたね。僕の“チルドレン”が五年生になったお祝いをしよう」

 僕のとかナチュラルに言ってのけるあたりが、さすが少佐です。谷崎神とドッコイドッコイ。
 さらに、特筆すべきは学ランを脱いでいること。
 いままでとは違い、本気であることの証明かもしれません。
 といったところで再来週に続きます。
 
 合併号なのがもどかしい(ノД`)ちさとちゃんのメール内容はなんだったんだろう。のろ気カナ?















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/168-cf59077a