しっぽきり

 決着前に見とくかあということで。ギャバンは、東映youtubeの配信を見たレベル。
 スーパーヒーロー大戦の宣伝流れたけど、ディケイドが画面に写ってなくてちょっとショボン。いや、現行作品第一なのはわかるけど。
 ギャバンかっこいいの一言に尽きる。
 冒頭の闇夜に光る銀色のギャバン時点で割りともう元取った感じで。生身アクションすごいし、主題歌流れたし(やっぱりこういう映画では主題歌は流れるべきだと思う)、ギャバンダイナミックだし。「いくらドルギランあるとはいえ、ギャバンって等身大戦が華で、最後は巨大戦の戦隊とではどうだろう」と気になっていた止め技もそう来たかと納得。マーベラスとのエピソードも、父子を思わせて感動的でした。ただ、若ギャバンの髪型がry
 バトルケニアとデンジブルーも若干メタっぽくも、まとまってました。東映youtubeで、シャイダー最終回を配信してた理由も判明。変身プロセスといい、最後といい、ナレーションの方いい仕事してた。

 脱獄の最後の流れが、力技過ぎて豪快。
 ゴーカイジャーも、マーベラスメインなのは前提として、各々のメンバーにも見せ場があってよかったです。戦闘もアイディアがあって面白かったし。あの細い足場でよくもまあ……。
 宇宙警察絡みでデカレンジャーの名前がちょっと出てて、安心。組織内に、ザンギャック勢が入り込んでて、色々暗躍してるのか。

 新戦隊ゴーバスターズは軽すぎず重すぎずのいい役割でした。
 噂のバディロイドがいなかったのがやや肩透かし(バイクはいたけど、ただのバイクだし)。格好いいんだけど、じゃあどういう個性の戦隊なの? と聞かれるとどうにも答えがたい感覚。黄色の人が、活発系かわいいじゃなく勝気系だったのがちょっと意外。
 バスコとも、本編で決着まだなのを考えれば、格落とすわけにも行かないだろうし、納得できるライン。サリー、もしかしてあれのせいで……とか余計なことも考えちゃいましたが。動いているサリーが物悲しい。

 気になったところとしては、それでも戦うかなあとか、最初の件でギャバン置いてくの? とか、レンジャーキーの力で開くんだあとか、アイム戦った再生怪人はともかくエルダーとシスターはちゃんと決着つけたほうがよかったんじゃないかとかそこら辺。あと、二つの戦隊の大いなる力も出るかなあとちょっと期待してた分、少し残念。監獄でのコメディ部分も楽しいけど、少し長いかなあという感も。
 監獄といえば、収監されてたメンツが、二万六千年の間脱獄されない監獄とは思えないここ数年の連中だったわけですが、ギャバンでマクーが滅ぼされた時点でやがて縮小して消滅する空間になった時点で打ち捨てられて、その後の数十年は放置状態。アシュラードが再利用って流れだったのかな。

 ストーリーに粗はあるけど、それを踏まえても楽しめる映画でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1669-8992067f