しっぽきり

 もしかしたらベスト更新かもしれない一話。

 開始一分でバットさんを念のため呼んでおくマリーちゃんの用心深さに震え、
 そんな冒頭で呼び出されて普段より出番が多くややアレンジされた笑い声も披露したバットさんの地割れも沈める大活躍に胸を踊らせ、
 いざという時に「ぼく、気が進まない」などとぬかしたと思えばダンスも忘れないミスター・ダレオの安定感に安堵し、
 恒例となってきた解説タイムという科学者らしい一面も見せつつ超速理解を連発しアクションも決めてみせる世界平和を丸投げされた男・ヤマトネ博士に感謝し、
 マリーちゃんを抱えて逃げまわるという身体能力を見せたタケル君の将来に期待し、
 どう考えても生きてるはずないけど、一回そういう状況からでも生還してみせたからなあとマゾ様に首をひねり、
 短気とか言われちゃったけど実際問題短気なナゾーさまにロンブローゾし、
 声変わりしてるから同一人物かどうか判断しがたく、爆発の擬音をボインと表現し、マゾさまに引っ込めと言われたらほんとうに引っ込んじゃった上に二週連続で落下オチで終盤を大いに盛り上げてくれたウルフ博士に唸り、
 ひたすら気弱ながら最後に男を見せてくれたガードナー先生と、最初から最後まで漢その奥様だったエスタさんの、「え、なんでこんな表情なの?」な見つめ合いに大笑い。
 特に終盤の目まぐるしさは、今年最後を飾るにふさわしいスペクタクルでした。

 今回含め、実に楽しい一年でした。
 ありがとうバットさん。

 それにしても、レバー上げるだけでキャンセル可能ってお手軽だなあ、地球爆破。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1643-b5eefb46