しっぽきり

「ほら、私がきたからあーんしんっ!」
 開幕土下座から話は始まる一一話。

 当初はわざわざ由乃さん巻き込まんとユッキーだけ消せばと思いましたが、立場もなにも失わずに両方消すためには、捜査日記の対象に落としこまざるを得ないと判断しての行動だったということでしょうか。ユッキー消せたとしても、由乃さんが何をしでかすかわからないし。
 今まで、捜査日記の対象になってないというのは、不思議でもある。特に御目方教に関しては、バッサバッサやってたわけだし。あくまで警察が捜査の対象とした時点で、発動するのか。

 そんな狙われたユッキーと由乃さん。由乃さんのスイッチの切り替わりが激しい。いよいよ加速度がついたのか、それとも自分に依存していると認識したユッキーの意識の変化なのか。ただ、あわてながらも、ある程度スイッチOFFはユッキーが管理できているようにも見えました。突発的なスイッチONは対応しきれなさそう……というか、発砲して指名手配されちゃってる時点で、やっぱり管理は無理か。
 一丁目を撃ち終えて、二丁目に切り替えるあたりが恐ろしい。ユッキーもなんだかんだ、追いつめられるとラインを越えてしまう子ではある。というか、撃たれた刑事達の名前やらなにやらはアレでいいのかw

 後半は眼帯ナースみねね様のターン。
 病院も爆破する安定感。時間を与えると、どこにでも仕掛けそう。
 足場の両端を落とされるシーンや、顔芸、板挟みになるシーン(由乃さんの「いつでもユッキーの味方」発言の意味のなさも含めて)、コメディ的に非常に美味しいところを持っていってくれました。ドーナツうまうま。

 ただ、まあ、作画含めて、ちょっとした反応やらなにやらがちょっと雑だったかなあと。爆発音ぐらいは聞きつけててもよかったと思うよ。
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1640-9b163be4