しっぽきり

 巻ごとの感想ということで、一つ。
 特別読み切り編が載ってたり、連載第一話と信じて疑わなかったリポート1も実は読み切りだったりしたりした一巻。
 
 レギュラーキャラで登場したのはメイン三人のみ。
 美神さんは二十歳とは思えないぐらい女傑で、横島は見ていて疲れるぐらいの横島っぷりで、おキヌちゃんは殺人未遂+銀行オンライン不正操作犯罪行為という犯罪行為に手を染めていました。なんだか、この書き方だと美神さんが一番まともに見えるのが不思議。

 後々、活かされることになる瀬っても幾つか

・横島、美神の胸を揉んで一瞬、霊能力者並の霊力を引き出す横島。ただし、後々の横島成長路線の伏線というよりは、ギャグ的な解決方法が、設定にスライドしていったと見るほうが適当かも。
・横島、モノノケの類に好かれるキャラクター(おキヌちゃん・人魚。ただし、人魚は、横島に本当に惚れてはいません)
・おキヌちゃん絡みでは、子守唄と、ナンパが成功した横島への嫉妬。

 全体的には、ワンダーホーゲル部、たくましいかねぐら銀行従業員、所帯じみた人魚夫婦等なんでもありの、勢い溢れる純正ドタバタギャグ漫画でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/163-43698e94