しっぽきり

 お前ら付き合っちゃえよ。

 開催年でもないのに、なぜかオリンピックという不思議な回。
 アフリカに、軍事資金の援助やら何やらで革命を起こさせ、ブラックスターという国を作らせていたことが判明。割りと手間のかかる作戦もやってたんだなあ、ナゾー様。
 その新興国の選手になりすまし、オリンピックで集まった要人たちを効率よく暗殺するのが目的。
 ついでに、ロボット選手を参加させることで、世界の注目をブラックスターに集め、後々は国連加盟、世界に発言力を高めていくとう計画も明らかに。ブラックスターの革命と合わせて、ナゾー様の地道な一面が垣間見えます。まあ、マゾ様が素顔出してスタンドにいたり、明らかにやり過ぎな数字を叩き出したりでボロが。100メートル8秒はやりすぎ。
 
 そして、今回、何よりの衝撃は、オリンピック選手ミスター・ダレオ。我らのダレオ君が重量挙げで金メダルを狙えるレベルの選手という驚愕の事実。それを証明するかのように、脱いだらマッチョ……。この絵面を描いた時点で勝利。悔しがるダンスで大勝利。
 というか、ロボット人間相手に接戦演じてる時点で凄い! 絶対にすごい!
 最終的に、ブラックスターの選手は全員失格だろうから、ダレオ君、金メダリストですよ。さすがミスター・ダレオ!
 1日でそのロボット人間を負かすロボットを作ったオッペル博士もすごい。

 バットさんは、五輪会場が舞台というわけで、ハンマー等の武器を華麗にかわしたり、ハードルを次々と飛び越える見事な走りを見せたり、例によって脈絡登場した怪獣ガンギーと大観衆を相手に貫禄の舐めプをしたりと大活躍でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1618-a1cdb168