しっぽきり

 前後編だったのかなと疑うばかりに、唐突にヤマトネ博士・マリーちゃんが峡谷でピンチらしいシーンからスタート。更にバットさんが登場。
 ナゾー様部下+怪獣タランゲーも登場。いつもは、20分ぐらいで唐突に登場して2~3分でやれる怪獣が出てきたことにまた仰天。完全に置き去りにされた状態となりましたが、さらなる衝撃が。なんと無敵を誇る黄金バットさんがムシャムシャと食われてしまったのです。それでも、いつものお遊びかと疑うのがバットさんですが、バットさん本人のみならず、マリーちゃんが、そしてヤマトネ博士が撃たれてしまいました。
 なんたる急展開!
 というショックは長くは続きませんでした。ヤマトネ博士の表皮がポロリ。正体はロボット。
 つまりは今までのはナゾー様のシミュレーション。
 
 という7分間に、なんとなく初期の、バットさんを倒す夢を見たナゾー様を思い出すのでした。
 ヤマトネ博士と黄金バットさんを世界征服の障壁と考えてるのは正しいんだけど、時々バットさんへの評価がとんでもなく狂うなあ、ナゾー様は。普段は、重要な資源なりなんなりを奪うのをバットさんに邪魔される展開だから、そこまで目立たないけど。落盤の峡谷で部下を助けだしたあとゲムさんを締め出すなど非情さも見せたり。

 マリーちゃんは声変わり。元気というより、おしとやかな声になったような。
 ヤマトネ博士は相変わらず、息子の氏に無頓着なのかなんなのか。動揺を表情に出さないだけなのか。その割に、滝汗はかくけど。

 タケル君・ダレオ君は、またも二人で。ダレオ君は、二人でドライブするとウキウキしちゃうんだとか。
 子供にも関わらず120キロで車を転がし、つけられてると知るや200キロオーバーしちゃうしちゃうて……。あと普通に拳銃が積んであるあたり、さすがというかなんというか。ミスター・ダレオのヘルメットの穴の開き方はちょっと驚異的。
 
 バットさんは、忠告がことごとく無視された(タケル組には3回も言った挙句に)のにお冠だったのか、いつも異常に鬼畜でした。部位破壊は基本、夫婦揃って目潰しも当たり前。というか、詠唱無しで登場しまくってたし、元々機嫌が悪かったのか。たランゲー夫妻は色々不憫でした。シミュレーションで腕落としてそのままはダメでしょう。

 カメラワークといい、なんだか狂った回でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1605-2026aee6