しっぽきり

 夏映画前に向こうからサルベージ。
 ネタバレあります。
○W(スカルパート)

 W自体の出番は薄め。冒頭でいきなり出てきたのは驚きましたが、逆に言うとおやっさんメインの今回はそこぐらいしか出番がなかった感じ。
 おやっさんかっこいいというか、変身後よりアクションしてる感すらありました。
 ラスト前の「俺は罪を数えたぜ」は、やや余計。マツに「それがお前の罪か」的なことを言わせて、「さあ……お前の罪を数えろ」でもよかったような。「断る」をマツに意趣返しとして言わせるのはうまかったです。
 しかし、実際的な被害としては、シリーズ一の被害のような。スパイダーの能力があの後残ったことを考えると……。挿入歌は、ラストバトルで流してもらったほうがよかったような。

○オーズパート

 TV本編の展開がTV本編の展開なので、そことのギャップを埋めるために脳が回転しててどうにも(グリード四人が健在、というかメズール無事で、四人仲良くやってる?アンクも店長もいない)。パラレルと割り切ったほうがいいのかな? あとギルの存在とか。バースの登場時期を近づける映画販促という面もあったと思うんですが、逆に新しい幹部が登場してTVの販促になってたような印象。ファング登場と釣られたら、アクセルを見せられた去年と同じ? いや、去年は見てないんですが。
 お話としては、アルジャーノンに花束をパターンでしたが、正直、まとまらず。ノブ君と敵対したくないという悲しみを背負っての変身も同じパターンで二回ありましたし、ノブ君バースや、バレリーナは必要だったのかなあ。ラストのバトルシーンで踊り演出も……。ベタだけど、パンツは無視しちゃうのかあとか。
 戦闘面ではガタキリバの空を飛ぶヤミーへの対処方法が面白かったです。

○MOVIE大戦

 ライダーの悲しみというか負の部分を背負って登場した仮面ライダーCOREという設定はよかった。のではあるけれども、過去の記憶を背負ってるという触れ込みの割りには、外見が一号っぽいのと脚がバイクになるぐらいしかライダー成分が見られず。もっと過去の能力を使って戦うとかと考えると、ディケイドになるのか。本当に反則だなあディケイド。
 敵がCGのライダーでWとオーズもアクション面での制約がつくのは仕方ない部分もあったんですが。実質、キック一発で決着は。オーズが色々フォームチェンジをしてたんだから、W側も簡単にエクストリームにならずフォームチェンジが欲しかったかなと。出番なかったトリガーで牽制しつつ、ラトラータが距離を詰めていくとか。アンクの腕だけ状態に驚く翔太郎の気持ちはわかる、というかそれが普通よねw

 一方で、二号ライダー同士の競演。照井さんはかっこいい。バースは変身解除で正体バレ……なんだけど、正直声で分かるなあ。あとモチーフがアレなのは分かるのですが、変身音までそのまんまとは……。タトバにも慣れたし慣れるかなあ? というか銃ライダーなことに、そこはかとない不安がw

 オーズ新フォーム、タジャドルは神々しかったです。最強フォームといわれてなるほどとうなずくぐらいで、あのCGだと本編の出番はどうなるんだろうと心配になるぐらい。変身音がBGMやらと混じってよく聞こえなかったのが残念。CJGXになったのは、勢い的に考えればしょうがないかな。そういえば夏映画のラストの記憶が曖昧なんですが、 CJGXのスーツって存在してたんですね。
 おやっさんが大阪に帰らなかった理由が判明してうまいなと思ったのですが、前述の通りスパイダーの能力が残ったということでもあり、そう考えると後味の悪さも。
 
 夏映画の場合は、オーズがあくまでゲストだったので一本の作品として仕上げられた。今回は、オーズとW、そしてスカルまでいたから、まとまりきらずに、消化不良な部分が残りました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1565-9d58aaac