しっぽきり

 チケット売りの人が「モテキ」と書かれたTシャツを着てたり、「おー」「すげー」系とか、ポップコーンバリバリ系ではなくて、「あっそう」「知ってるよ」「雑魚だな」等の逐一ツッコミを入れる系の子供が最大の敵かもしれなかったり、イナズマイレブン・テニスの王子様・けいおんのCMが立て続けに流れてたことに戸惑う夏。

 以降、ネタバレありです。
○海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船

 ゴーカイシルバーェ……。冒頭かませ一発で退場、最後にチラっと登場という不憫さでした。ザンギャックもザンギャックだったけど。ああいう扱いなら、珍しく陣頭に立ったワルズ・ギルが――というのも見たかったような。
 本編は尺が無い分、ポンポンと進んでいく展開なんだけど、ところどころテンポが残念。
 三幽霊がこれ必要?(三幽霊がゴーカイジャーに仇討ちを頼むとか想像してました。声は言われないと分からないレベルで違和感なかったです)って存在感、歴代戦闘員が出てきて豪華だし、その合体は面白いんだけど踊るとこまで必要なのかな、野球仮面のG3プリンセスの出番が微妙に長いのと(過去作出演者だからというのもあるかもしれないけど、それ言うならこういう使い方でいいのかなとも…)、ずーっとゴレンジャーは多少単調。一球ごとに、ゴーカイチェンジして投げてもよかったかも。まあ、でも、うーん。

 舞台が巨大な幽霊船なことを活かした縦横無尽なロボ戦はダイナミックでした。ただ野球仮面があった上に、等身大・ロボ戦とトドメがゴレンジャー重ね(ロボ戦は他の力も使ってましたが)になっちゃったのはうまくなかったかなあ。とりあえず初代に行くってのはわかるんですが。個人的な事情としては、前回映画みれなかったので、こういう形でゴレンジャーの大いなる力を見たくなかったという点もありますが。
 正直なところとして、仲間とほかの何かを天秤にかけるという展開はTVのバスコ登場編で2話をかけて既にやっていた上に時間上ほとんどタメを作れてないので、分かりきった答えを聞いてるような印象。言わないマーベラスと察している仲間達の構図は好き。
 映画ということで、いろいろと豪華にしようとしたけど、尺が足らずに詰め込みがちになった上に、妙なところでテンポが悪かったなあという印象でした。
 前述の隣に座ってた子供たちが一番スパークしてた時間帯って割引きもあるかもしれません。



○仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

 将軍様と共演というイベント性と毎週グリードが減っていくTVシリーズ本編の切羽詰まった状態から考えるにパラレルかなあと薄々思ってましたが、ナチュラルに伊達さんが変身、後藤さんがサポートという状態なのには驚きました。
 ただリアルタイムの今はともかく、数年後にオーズという作品を漠然と振り返ったときに浮かぶ戦力構図というのは、アンクが映司とパートナーで、伊達さんを後藤さんがサポートしていて、グリード四人とドクターが敵という今回の映画の構図なんだろうなということを踏まえると、そこまで強いパラレル感はないかも。なかったんだけど、あったように思える構図というか。ロストアンクはいないけれど。
 ガラに奪われることで、メダルにリセットをかけて、今どのメダルを持っているのかという疑問を無効化させたのも上手でした。既存コンボの活躍ももうちょっと見たかったかなという欲もありますが、まあしょうがない。
 ガラがメダルの生みの親という点でのドラマがほとんどなかったのは、やや肩透かしでしたが。

 世界がひっくり返ることと世界の終末がダイレクトに感じられなかった部分はあるけど、テーマ的に言えば、乗っ取られている母親にあまりにも直接的に殺らせてしまうところまで強度出せないのも仕方ないのかなあ。「手をつなごう」「家族の絆」という、甘いテーマに落とし込むには刺激が強すぎる。
 終末というより、作り替えに近い部分もあり、それを終末と呼んではドクター真木も怒ろうというもの。グリード側についてはそこまでのドラマもなかったですが、最後の行動は納得。メズールがガメルをあやしてるところが、あれも偽りなんだなあとか考えてしまうのが寂しいところ。

 映画ということもあって大量に雑魚敵が出てきましたが、肉弾戦で圧倒のくだりがあったほうがライダーは引き立つなと確認。

 ガラに捕まり、救出されるポジションになった会長と里中さん。とはいえ、ひるむこともなく会長はいつも以上の快気炎、里中さんはこの上なくマイペース。頼もしいの一言でした。

 江戸時代編。
 なにをおいても将軍様の存在感。実質中盤で退場となるのですが、それを補っても余りあるインパクトでした。例のBGMと同時に白馬で登場し、雑魚と殺陣を展開し圧倒する。ついには、拾ったセルメダルからの連想で、献上されたコアメダルをオーズにプレゼント。ブラカワニコンボを登場させる大活躍。「成敗」はもうワンタイミング遅くてもよかったかも。
 江戸編の見せ場、映司バースとブラカワニコンボ。 
 バースは、見事にアクションが映司で、ああ映司のスタイルは見てるこっちにも染み着いてるんだなあと感慨深かったです。
 劇場版限定コンボ、ブラカワニコンボはあんなデザインなのでどんなもんだろと思ってましたが、腕のカメ部分でブロックしながらの格闘アクションは特性が活きていました。
 ドラマ的には、アンクの覚悟、伊達さん、後藤さんの一生分の覚悟には胸が震えたし、現代人と江戸人の間でいさかいがあってからの~という流れも、感動的でした。千世子さんも相変わらず。アンクのメダル借りての変身は、スローすぎて微妙(この場面とは別の話として、なんで金あると、なんでスローモーション連発しちゃうんだろ)かなとも思いましたが、溜めただけあって、直後のタトバソングは映えてました。
 YES・NOの選択もユニコーンヤミーのときの欲望の大きさを考えれば。そういう面を見せた後に、メダルが実は靴に挟まってましたというのもなかなか。
 
 世界が戻っての現代編。
 ガラの居城に乗り込む映司。この時かかってるBGMが主題歌「Anything Goes」。OPとほぼ同じタイミングで「変身!」のかけ声がかかり、OP同様にタコカンドロイドの足場を上っていく構図は疾走感があって素敵でした。
 そしてガラ戦。圧倒されながらも、映司が自分で駿の母親を助け出したのには納得でした。これが後で出てくるフォーゼに手伝ってもらってとなると、あれだけ自分が助けると明言してただけに、だいぶ印象が違ったものになってたでしょう。比奈ちゃんと駿があそこにいたのは、多少唐突でしたが。
 そして、新ライダー、フォーゼ登場。スイッチで変わるライダー。こういう時に素直というより無邪気にリアクションする映司のキャラクター性は得だなあ。オーズが苦戦してたガラを圧倒したのは微妙でしたが、共闘があったことプラス後でメダルを取り込んだガラ完全体が出てきたので、許容範囲内かなあと。いくら新ライダーの宣伝とはいえ、さしたるドラマ性も持たずに登場して主役の現行ヒーロー食っちゃう活躍しちゃうと、それはさすがに問題なので。
 あとトラクローが活躍しててよかったよかった。
 
 最終決戦。全コンボ登場は、ガタキリバ状態からそれぞれがメダルをスキャンしての変身。なんか不思議力が働くのかと思ったら、分身からの変身という力技でした。オーズが恐竜メダルを隣のオーズに渡す演技に芸の細かさを感じました。
 輪になって順に、串田ボイスが流れる様は圧巻でした。ただ、私の側の問題か、戦闘シーン全体を追いきれなかったのが残念でした。

 最後の比奈ちゃんの手を握るアンクも、彼のキャラクター的にあれが一杯かなという行為でうまくまとまってました。放映終了後のアレは、規定路線なので驚くこともなく。
 
 総合的には場面場面きちんと盛り上がる楽しい映画でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1564-f8ecc777