しっぽきり

 岩人ギルトンが挑むはバットさん! と思いきや一分一三秒(実際時間も同じ)でKO。それもそのはず、偽物のロボット。声がそっくりと頑張ってはいるものの、落としただけで割れるシルバーバトンや、こけたりとどこか頑張りどころが間違ってる製作者マゾ様。ナゾー様にも当てになるのかと疑われる始末。
 それはともかくギルトンを中核とした今回の作戦は、世界最大のダム破壊。
 過去最大級の人員を投入した大掛かりな奇襲上陸作戦を建てますが、あっさりと看破。このダム建設にも関わっていた万能に秀でるヤマトネ博士が強力レーダーを作っていたのかと嘆くマゾ様。
 なぜか最前線に出てきてるヤマトネ博士の見てる前で、ダムには似つかわしくないレベルの警備の戦車隊がナゾー様部下を砲撃。そこにギ
ルトン登場。あんな恐ろしいロボットを作れるのはナゾー以外にはいないと断言するヤマトネ博士。マゾ様涙目。
 とにかく戦車隊を蹴散らすギルトン。ヤマトネ博士を挑発するマゾ様。やはりナゾーの仕業かと反応するヤマトネ博士。二人の擦れ違いが悲しい。
 最前線となれば、当然ヤマトネ博士もピンチなわけで、ここでマリーちゃん、すかさずバットさんを召喚。
 ここに、バットさんとギルトンの戦いが始まりました。
 そんなわけでシミュレーションの結果が無意味と思い知らされたマゾ様。ナゾー様にも、いい加減にしないと殺すぞと脅されますが、ここで諦めるマゾ様ではありません。
 ダムで働くドライバーを拉致ってレーダーの発生装置の位置をリサーチ。そして、ギルトンにも二つの改造を施しました。一つは、人間の脳を移植することで、自分で考える力を与えるというものでした。

 一方、ダレオ君とタケル君は、一人の少女を助けていました。名前はチロルちゃん。父親ハイマーさんを捜しに来たのだとか。あと、お母さんは既にお亡くなりになってるのだとか。お父さんからもらった腕輪を抱きしめるチロルちゃん。
 同じころ、ギルトンの腕には、脳を移植された人間から移された腕輪が光っていました。

 嵐の中、再びマゾ様の作戦が開始されました。
 爆弾を使ったダムの破壊。
 レーダーを破壊、侵入するギルトン。そこに登場、黄金バット。
 嵐の中、ギルトンを破壊するバットさん。しかし、すぐに再生するギルトン。これがマゾ様、もう一つの改造、復元機。倒しても倒しても、復活するギルトン。そんな戦いの様子を見ていたチロルちゃんは、あることに気付きます。ギルトンの腕輪はお父さんの腕輪。つまりギルトンはお父さん。
 流れるような思考に走り出すチロルちゃん。バットさんにお父さんを殺さないでと頼みます。

「なに?」

 攻撃の手を止めるバットさん。ギルトンに駆け寄り、腕輪を見せるチロルちゃん。
 蘇る家族の記憶。団欒の旋律。
 嵐が止み、二人の瞳から涙が流れ、ギルトンのいや、お父さんの記憶が蘇りました。
 ギルトンの裏切りという思わぬ事態に直面したナゾー様でしたが、既に手を打っていました。タケル君、マリーちゃん、ダレオ君を部下に囲ませていたのです。足止めをしている内に、スイッチを入れようと部下が爆弾に近づきました。ギルトンがそれを阻みます。そして、その隙をついたのか、あるいは、単に速かったのか、三人への銃撃もバットさんがシャットアウト。しかし、数の利が活きてスイッチオン。
 ヤマトネ博士が駆け寄りますが、時限爆弾はウンともスンとも動きません。
 そこに伸びる灰色の腕。
 人の身に戻れぬ諦観か、あるいは金のために悪事に手を貸したことへの贖罪か。ハイマーは爆弾を抱えると、そのまま海へと身を投げ出しました。
 上がる水柱。悲痛な少女の嘆き。
 逃げ出すナゾータワー。追うバットさん。
 その先、雷鳴轟く草原に待っていたのは、巨大なカマキリ、カマーク。
 カマークとバットさんの死闘が始まりました。カマの攻撃を食らったと思いきや、そのカマが、腕ごとポトリ。皮を撫でさせて腕を断つバットさんの戦いぶりにカマキリは追いつめられていきます。しかし、起死回生の一撃がバットさんをとらえました。カマで、バットさんを掴んだのです。落ちるシルバーバトン。締められるバットさん。しかし、バットさんには策がありました。黒雲を見上げると、地面に突き刺さったバトンを指さしました。指示されたかのように、バトンに落ちる雷。そして、雷はバトンから放たれ、雷撃となりカマキリを焼きました。
 灰となったカマキリを薙ぎ払うバットさん。カマークの骨はその一撃でバラバラになりました。
 仇を討つと捨て台詞を残し、去っていくナゾー様。

 お父さんの墓に冥福を祈るチロルちゃん。
 お父さんはダムを見守ってくれるだろうと力づけるヤマトネ博士。そしてチロルちゃんは、青い空にバットさんの勇姿を思い描くのでした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1562-02cf5be3