しっぽきり

(ネタバレ含みます)
 ハルヒの絶対性が揺らいだかと思いきやそうでもなく、いや冷静に考えると揺らいだのかなというお話。

 ハルヒの能力に関しては他者譲渡が出来る(消失の長門がそれ)し、将来消えることが示唆されつつも、現状進化しているし、これまでの長編の中では一番ハルヒが解決した感が出てる長編のようにも思えました。その分、ハルヒに匹敵するような持ち出され方をした佐々木は割を食ったかなあという印象。最後のハルヒとの関係説明のシーンで、その印象がより一層強まりました。小冊子での短編と合わせて考えれば、異様に大人びてはいるけどただの女の子っていうのが正解なのでしょうが。

 既存のキャラクターでいえば、古泉が重要人物であることがほのめかされたり、藤原とみくるの関係、そして何より大学生(?)ハルヒ登場といろいろ未来なり過去なりの広がりができた一方で、とりあえず現行のSOS団に影響があったかと言われると、表面上はそうでもなく。逆にキョンのモノローグと相まって、今まで通りが強調されています。

 仕掛け部分に関しては、理解できるようなスッキリしないようなSF耐性の持ち主なので、やや頭がこんがらがったり。読んでる途中では、β→αの順のループものなのかと勘違いしてました。ループならエンドレスエイトでやってたわけですが。何より、前作タイトルが分裂ですしね。
 新キャラの子に関しては、分裂の時点でフルネームが欲しかったかなあというのは、今言っても無理な事ですが。あと統合の部分に関しては、さすがに割り過ぎで、もう少しスンナリくっ付けてもよかったんじゃないかと思います。

 挿絵はいつもよりしっかりと線が入っているように見えました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1519-bf9bef22

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版 レビュー
分裂からの続き物なのに、4年も待たされた本作。 全く違った展開を見せるαとβ。 その2つの並行世界の意味やどう収束させるのかと、気になる伏線が多々ありました。 佐々木、橘 京 ...

2011.05.27 00:52 | ゲーム漬け

4年ぶりだぜ? やれやれ 「涼宮ハルヒの驚愕」
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)(2011/05/25)谷川 流商品詳細を見る「涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版」角川スニーカー文庫 谷川流(イラスト・いとう...

2011.05.31 16:19 | 夜空の日記

谷川流 「涼宮ハルヒの驚愕(前)」
JUGEMテーマ:ライトノベル  ◆涼宮ハルヒ シリーズ    情報統合思念体同士の戦いで、周防九曜の工作により動けなくなった    長門有希に変わりキョンを周防から救ったのは、もう登場することは    無いだ?...

2012.02.24 23:44 | こみち

谷川流 「涼宮ハルヒの驚愕(後)」
JUGEMテーマ:ライトノベル  ◆涼宮ハルヒ シリーズ    今回の目玉は、SOS団に入部した1年生の渡橋泰水の正体。   そして、涼宮ハルヒと佐々木の閉鎖空間の戦い。   大人の朝比奈みくるの再登場。佐々木?...

2012.02.25 16:36 | こみち