しっぽきり

「ないているわ・・・・かれ あの負けずぎらいの矢吹丈が 相手を打ちながらないている」

 おっちゃんは自分を無視し、ライバル達は確実に力を着けている。そんな精神的にボロボロの中ジョーは、一回戦を反則覚悟のラフファイトで勝ちあがり、勝負は次の日曜日に。

「拳キチよ・・・・
 おれは
 このかた
 いまほどの残酷な気持ちになったことはないぜ
 自分で自分がおそろしくなるくらいよ・・・・」

 葉子だけではなく、祖父幹之助も訪れる。
 そしてジョーと青山戦。
 先週とは一転、ふてぶてしい態度のジョーを虚勢と言う葉子。自分を追いつめる悲壮な決意と表する幹之助。
 ゴングが鳴る。逃げて逃げての前の試合とは違い、パンチの組み立て、ヒットアンドウェーで優勢に試合を進める青山。西のアドバイスもあり、ジョーは基本に立ち返る。
 ジャブとストレート。しかし、青山にかわされブロックされいなされてしまう。
 そこで悟ったのはボクシング技術のおそろしさ。
 見よう見まねのブロック。見よう見まねのフットワーク。
 しかし、それは青山を攪乱する。

「見よう見まねをすぐに実戦につかえるなんて・・・・
 や・・・・やっぱりジョーの素質はただものじゃねぇ・・・・!
 ただの・・・素質じゃねえ・・・・!」

 一度とらえてしまえば、青山はジョーの敵ではなかった。力量差を見切ったおっちゃんが試合をストップ。
 試合終了後、おっちゃんはジョーと青山を呼び出し、謝る。
 
「ながいあいだほんとうにすまなかった・・・・」
 
 ジョーに冷たくし、そして青山に技術を教え込んだのは、ジョーにボクシングの技術の恐ろしさを身を持って味わわせるため、そして孤独との戦いを知ってもらうため。
 騙していたことを謝るおっちゃん。しかし、青山は弱虫の自分でも強くなれたと感謝。そして、ジョーは怒る。自分の単純さに。青山に謝り、おっちゃんの期待に応えるために力石に勝つことを誓う。そして誓ったからこそ、やっちゃうわけですが。
 その後、一人サンドバッグを叩いていたところに、力石から今すぐ決着をつけようと迫られるジョー。練習用のリングを使って試合開始。
 二人が試合をしていることに気づいたおっちゃん達も駆けつける。葉子が力石はあと三日で出所できると告げる。おっちゃんは試合を止める。プロのリングで決着をつけたらいい。おっちゃんの言葉を飲んで引くジョー。しかし、リングを去り際力石は、ジョーに言う。段平はプロボクシング界に悪い噂を残していると。
 皆が去ったリングに残ったジョーとおっちゃん。おっちゃんは、ジョーにグローブを外すように言う。渋るジョー。おっちゃんが外すと、ジョーの拳の中には石が握られていた。どうしても勝ちたかったとジョーは言うが、おっちゃんはこんな汚いまねは二度とするなと叱る。トレーニングだと走り出すおっちゃん。ジョーは彼の後ろを黙ってついていく。

 力石が去った少年院。ジョーは何をしてもおもしろくはない。テレビの中継では、力石の晴れ姿。手の届かないところにいるライバルに燃えるジョー。
 やがてジョーも出所し、懐かしいドヤ街に帰る。
 そこには、暖かく迎えてくれるドヤ街のみんなと橋のたもとに丹下拳闘クラブ。
 なみだ橋が壊れるばかりの大宴会。
 
 ジョーが人間の愛になみだを流したのは今夜がはじめてのことであった
 

 ジョーは西とともに乾物屋で働くことになる。そこの娘、紀子は葉子にそっくりであった。
 不器用ながらも汗を流して働き、充実感を感じるジョー。
 しかし、西とジョーに思ってもない情報が舞い込む。
 おっちゃんが泥酔し、暴力行為の現行犯で捕まった。
 警察署に向かう二人。おっちゃんは経緯を語る。
 ライセンスの再認定のために、ボクシング協会へと赴いたおっちゃん。しかし、そこに待っていたのはすっかり立派になった昔の仲間と、自分がボクシング界には戻れそうにないという事実。自分達に明日がこないことを知り、狂ったように笑うジョーの歪んだ表情が……。
 結局、葉子が引受人となり、そのまま白木ジムへ。
 葉子達が持ちかけてきたのは、おっちゃん・ジョー・西を白木ジムで引き取り、そこからデビューさせたいという提案。八方ふさがりのジョー達に差し伸べられた一縷の可能性。
 が、それをジョーは拒否。同じジムでは力石と試合ができない。
 直後に、断ったことでジョーとおっちゃんが喧嘩するんですが、お互いが言いたい気持ちも分かるんだけど、それ故辛いシーンになってます。謝るのがジョーなんだけど。
 そして、あしたへの橋をかけるためのジョーの作戦が開始。
 ターゲットは、ウルフ金串。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1426-d1e99679