しっぽきり

 色々と忘れてることとかがあったりなかったり。
一話 
 後々を考えると(対虎鉄を除けば)信じられないぐらいにやさぐれてたころのハヤテ。台詞もどことなく好戦的。というか、こちらが素? ただし、やっぱり、悪人にはなりきれず。不幸度合いはこのころがピーク。
 マリアさんの登場は背中だけ。
 なんだかんだで素直なお嬢さま。

二話
 マリアさん本格的に登場。メインヒロイン度はこのころがピーク。
 ナギ、誘拐犯にダメだし。お嬢様の言葉に偽りはなし。
 確認事項。ハヤテはマリアさんのことを最も綺麗な人だと思っている。忘れがちなこと。というか、ハヤテの心理描写が少ないから(´・ω・`)

三話
 ハヤテ執事になる。
 マリアさん、本編でメイド服初披露。着替えた後に何故か入浴。また着る手間もあるだろうに。 
 爆弾セット。悲しみがそして始まる。

四話
 クラウス初登場。
 ゼリー(なんとなくコーヒーゼリーとみた(`・ω・´))はマリアさんお手製?
 ハヤテ、この時点では主にタメ口。
 ハヤテの家事能力の高さ、三千院ナギ先生の超漫画設定はこの回が初出。
 執事、早くも主に追い出される。これが一回目。

五話
 マリアさん、ハヤテを追い出したナギを説教。さすが、ナギのメイドであったり姉であったり母であったりする人。この設定は紫子さん亡くす前に、会っているのかどうかで印象が変わるかも。とにかく、ナギへの詰め将棋はお見事。
 マスク・ザ・マネー初登場。再登場はたぶんない。
 ハヤテの借金、ヤクザからナギに移る。

六話
 ハヤテの借金は全額返済まで四十年。ただ、衣食住完備なことを考えると、金銭的な不幸は実質消滅と考えられなくもなし。
 カイゼル髭の執事長・クラウス、本格的に登場。
 介護ロボ8登場。意外と早いタイミング。
 前任執事・姫神の名前も登場。というか、いまだに名前だけ。いつか出てくるのでしょうが、さてどうなるやら。
 ハヤテお兄さんのメッセージ。良い子は電気に気をつけようね(´・ω・`)

七話
 タマ初登場。この頃はまだ、リアル描写。クラウスもハヤテも嫌い。ナギ好き。マリアさん、崇拝。
 髪を下ろしたナギも素晴らしい。 
 喧嘩して、お花畑破壊。

八話
 ハヤテ初女装。一巻の時点で既に将来は約束されていたわけで。ナギ・マリアさんノリノリ。クラウス・タマ、ハァハァ。

九話
 誤解爆弾の再認識。当初の予定では、ここらへんで処理するはずだった?
 マリアさんの知らないところで、二人はえらい目に、というパターンはこのころから出来あがっていたみたいです。

プロフィール
・ハヤテ
 驚くことに兄がいる。超人的な身体能力にも過酷なバイト以外の理由が何かあるそうな。
・ナギ
 両親は事故で他界…事故かぁ。
・マリアさん
 本来は物静かでおとなしい性格の人。
 過去編は是非読みたいです。雪路さんも、咲夜も好きだけど、本来はマリアさんが一番好き。

・クラウス
 本名・倉臼征史郎。バリバリの日本人。車・バイク好き。

・タマ
 アフリカで拾われた、ネコと呼ばれる虎。タイガー。過去編は、ちょっと読みたいかも。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/139-64690e22