しっぽきり

○W杯特別対談その一

 選挙に勝った人だ!
 インタビュー内容がどうとかより、その後の洗脳系観戦ガイドのセンスに絶句。

○神のみぞ知るセカイ

 結構長いことやっていた檜編も完結で、ただ者ではないオーラを出してた先生が悪魔だったというお話。
 悪魔がいたんならバスケ部が強かったのも納得、なのかなあ。随分長いことこっちの世界にいること、地獄と連絡をとっていたことを考えると、少なくない数の悪魔が潜り込んでる?
 そういえば、記憶の残り方はどういう残り方したんだろう?

○結界師

 割り切れない良守さんと割り切る時守さんというお話。

○史上最強の弟子 ケンイチ

 SHIJYOUSAIKYOUNOKIJIMUNAATOUJYOUTOIUOHANASHI。

○最上の明医

 伊達さんはツッコミにも気が配れる苦労人というお話。

○マギ

 傍観するしかないアラジンさんというお話。
 そして顔を出す煌帝国。こんなのに囲まれてたと思うと、白瑛さんも苦労するなあ。
 ウーゴ君は一時退場かな?

○MAJOR

 勝った! 吾郎さんがとうとう勝った!
 苦節二〇年近く、ようやく吾郎さんが真の優勝を手にしたというお話。
 そして、息子ではなく娘さんで、電信柱とか見るに茂野家は日本に戻ってそうというお話。
 やることやったし、横浜?

○W杯特別対談その2

 堀江さんとの対談といい小笠原先生はどこにいきたいんだろう。というか、サンデー編集部は小笠原先生をどうしたいんだろう。

○戦国ヤタガラス

 少年は侍にというお話。
 
○國崎出雲の事情

 滝とかエステの時点でバレね? というお話。
 松、梅ときて、さすがに竹はいないのかな?

○ARAGO

 分が悪いとはいえ賭けが存在したことにポジティブになるアラゴさんと、それに乗るらしいセスさんというお話。

○境界のRINNE

 マッポはともかく、ほかの台詞は分かりそうな気もするというお話。

○怪体真書0

 ホスピタル的な考え方だなあ。

○KING GOLF

 五〇〇……かあ。
 皇帝のハートを鷲掴む描写には迫力ありました。

○絶対可憐チルドレン
一本目 ギャグの基本である四コマ。そこに出ればすぐに救済されると僕は思ってたのかなあ。
二本目 すべてのしわ寄せが来た結果がこれだよ!

 怖い扉絵だなあ……。
 フェザー無双というお話。
 特定個人ではなく、一人を核とした大勢の思念体になるのかな?
 何にせよ、ここまで桁外れの能力とは思いませんでした。

○電脳遊戯クラブ

 こら怖いわと思うと同時に、来週どうすんだろと思ったり。
 何事もなく再開かなあ?

○ディフェンスデビル

 食えない状況に陥ったのに、あの扉絵ってのはなかなか皮肉な。

○月光条例

 アリババさん登場というお話。
 水被っただけでストレートになるとは、エンゲキブさんの髪、割と根性がないなあ。
 一〇〇年間、話は大丈夫だったのか。

○はじめてのあく

 一足早いスク水祭りと、大喜びの乙型さんと、何重の意味で攻めすぎたシズカさんというお話。
 水中シーンの美しいこと!
 理性を保てた黄村さん、意外と紳士。

○TRAP

 制限時間は設けたほうがいいかと。

○ツール!

 五〇ユーロおよそ五五〇〇円なり。分けるとなると寂しい金額だなあ。マフィア的には足慣らし程度のレースのつもりだったのかな?
 ドンに火をつけてしまったらしい二人というお話。
 競技者としてか、あるいは悪役としてか、どういう方向に転ぶのかしら。

○Tomorrows

 捜し求める二人はボロボロで。
 アンアンさんはもっとボロボロで。
 とりあえず公的機関に捕まったわけですが、どうなるか。

○オニデレ

 モモさんは泣いていいし、怒っていいというお話。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1355-54bfda33