しっぽきり

 普通に感想書きます。普通です。
 本当はGW編終了でああいう書き方やめるつもりだったんですが、あれ? もうちょっと伸びるんじゃね? 的な不安を覚えたので、まあ、先週でいいかあってことで。
 やめる理由は、文章がすんなり書けなくなってきたというか下手になってきたというか、書いてて楽しめなくなってきたというか。そこらへんで。
○イチャイチャタイム

 絵的にとてもかわいかったです。アホ毛でビスビスやるところとか。
 ハヤテはアテネの前だと子供に戻るというか、本当に素に戻るんだなあ。

 ただ、流れとしてはちょっと意外でした。
 ナギの執事としてここに来たと断言してたので、そういう立場である以上は(財産放棄したこれからの困窮を考えれば)アテネと付き合うような余裕はない。だから、アテネとは救出して今夜でお別れ。アテネも、これまでの経緯からハヤテを辛いけれど見送る。そういうお別れ展開を考えていたので。あと、24巻掲載分がここら辺(先週分?)で、まとめて読んでほしいという発言があったので、今週で帰国なのかなと思い込んでいた部分もありましたし。
 なんであれ、来週の話でアテネがロイヤルガーデンと王の力についてどの程度まで知っているかも割れるでしょうし、完全にハヤテにデレた点とあわせて、設定面・感情面とずいぶんとペース早かったなあ。てっきり、設定面でもう一回ぐらいアテネをメイン級にした長編が来るかなと思ってたのですが。


○ミダス王あれこれ

 アテネの行動は、なんだかミダス王のせいってことらしく。
 今週の時点では、率直に言うとそれはちょっと微妙かなあ。
 ハヤテが好きでたまらないという心情と、それでも王玉を求めなければいけないという事情。
 ミダス王にのっとられかけていたとはいえ、アテネ自身もある程度ハヤテを害してでも後者の事情を優先させようとしていた……のではなく、全部ミダス王のせいでしたとなってしまうと、後者の事情、ひいてはアテネというキャラクター自体がぼやけてしまうような気がして。
 来週、何がしかのフォローがあるかもしれませんし、様子見でしょうか。

 あと、王の力はミダス固有のものではなく、むしろミダス自身も求めていたものでした。案外小物でした。あと、18巻のキャラクター紹介に「今後ほんの少しだけ出番があるらしい」と書かれてました。使い切っちゃったね、ほんの少し。



○紫子最強伝説

 選ばれし者でした。重要キャラでした。
 いや、元から重要キャラでしたが、最重要と言って良いぐらいの格上げっぷり。
 
 そもそも、マヤを出したことや、ハヤテに時間旅行させたこと等の不思議現象。それを、この人はなんで起こせるんだろうと不思議には思っていたのですが、その理由付けとして王の力を持ち去ったからというのは納得でしたし、盲点でした。おそらくは紫子絡みで動いていた帝が、何をしたがっているのにも新しい解釈が生まれますし(紫子ではなく、単に彼女が持ち去ったであろう力を求めている)、また、彼女同様に病弱である愛歌が王玉を持っていることにも意味があるんじゃないのかと考えさせられる、非常に興味深いシーンでした。あとナギ曰く、ハヤテが紫子になんとなく似ているらしいのですが、そこらへんも意味あるのかな?
 当時の帝にとっては、実の娘が自分の求めている物のごく近くにいたことは盲点でしたでしょうし、逆に娘であり持ち去った紫子は、父の姿に何を思っていたのでしょうか。


 あ、ミダス王の腕を砕いたのは、当時の彼女と面識があったハヤテ兄でさすがに確定?

 こんにちは、はじめてコメントさせていただきます。
 アテネの免責はこの漫画が単にシリアスな漫画ならばそうだと私も思います。ただ、帰国して、アテネも何事も無かったかのようにギャグ回でドタバタするのならば、免責したほうがいいのかなと(アラレちゃんの地球割りに責任を問うような違和感)。
 そもそもこのGW編、22巻の巻末を見るに、オチのためにシリアスっぽい雰囲気を出しているようですし(実際ハヤテとアテネ以外はほとんどギャグ時空)。
「単行本2巻も使ってマジな雰囲気でバトルしたと思ったらラストはイチャイチャイチャイチャ」って言う一種のギャグになっているんじゃないでしょうか。

2010.02.25 19:29 URL | 小池 #- [ 編集 ]

 はじめまして。

>オチとアテネの免責

 とはいえ、シリアス設定を語りだした今週を見るに単純なギャグ漫画でもないわけで。

 あとは、これまでと今だけでなく、これからのことを考えた場合どうかという点で。
 具体的に言うと、アテネの一時的な退場に対する方便的なお話。

 今後ラブコメ展開をやる上で、(それが実を結ぶかどうかは別として)各ヒロインを動かすときに、アテネがハヤテに対して容易に動ける状態にあった場合、アテネの影響力が強すぎないかなあと。
 完全に知っているヒナギクや、特定できなくともハヤテの好きな人という存在は知っている歩もそうですが、基本的に何も知らない(ハヤテと自分の関係すら根本的に勘違いしている)ナギの場合は特に、アテネの存在は大きいでしょうし。もちろん、いずれはあるでしょうが、一気に運んでいくのも急ぎすぎかなと思うので。
 そんなわけで、現時点ではハヤテとアテネの間の距離は、ある程度取っておいたほうがいいんじゃないか、そのためには、本文中で書いたような展開かなあと考えてのことでした。

>ギャグとしてのイチャイチャ

 先週までのテンションから一変してのイチャイチャはたしかにインパクトありましたねー。
 書いたとおり仕切りなおしてのシリアス設定開示があったからには、もう一段ぐらい何かはありそうですが。
 なんであれ、来週・再来週待ちということで。

 コメントありがとうございました。

2010.02.25 21:23 URL | 美尾 #Td2rZs36 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1322-a8d949d9