しっぽきり

 読切漫画に関しては漏らしあるかもしれません。ご了承願います。
連載開始

・はじめてのあく(6号より)
・いつわりびと空(9号より)
・やおよろっ(11号より)
・ディフェンスデビル(19号より)
・境界のRINNE(21・22号より)
・マギ(27号より)
・電脳遊戯クラブ(29号より)
・ジオと黄金と禁じられた魔法(33号より)
・Tomorrows アンアンたちの革命(45号より)
・ツール!(49号より)
・ARAGO(4・5号より)



連載終了

・ダレン・シャン (10号まで 全12巻)
・ギャンブルッ! (16号まで 全8巻)
・やおよろっ(26号よりクラサン移動 連載中)
・トラウマイスタ(28号まで 全5巻)
・魔王(30号まで 全10巻)
・三ツ星のスペシャリテ(30号よりクラサン移動。10月終了 単行本4巻~)
・アーティストアクロ(47号よりクラサン移動 連載中)
・お坊サンバ (47号まで 全8巻)




読切

・ワイルド・スタンピード (11号)
・國崎出雲の事情 (12号)
・少年サンデー創刊物語 (14号)
・MY SWEET SUNDAY あだち充・高橋留美子合作 (16号)
・怪盗GINGA (17号)
・ドルピンガー(18号)
・MY SWEET SUNDAY 島本和彦 (29号)
・MY SWEET SUNDAY 吉田聡 (31号)
・AUSDYN (32号)
・やおよろっ! 特別編 クラサンより (33号)
・妖怪ジャンクション (37号)
・ヤタガラス (39号)
・幻影少年 クラサンより (41号)
・魔法行商人ロマ クラサンより (42・43号)
・MY SWEET SUNDAY 大島やすいち (48号)
・寒川レポート (50号)




 今年はサンデー50周年ということで、14号には創刊号の表紙をモチーフとした表紙、16号には歴代表紙を敷き詰めた表紙。32号は同じく50周年を迎えた少年マガジンとのコラボレーション漫画が掲載されるなど、何かと賑やかな一年でした。

 06・07年ごろから続いてきた小説のコミカライズ(魔王はオリジナル要素を多分に含んでいましたが)が終了。新井先生は早期の復帰、魔王もスピンオフ作品が月刊サンデーに連載されるなど、つつがなく終了したと言えるのではないでしょうか。

 前年の「ゴールデンエージ」「ハイド&クローザー」とクラブサンデーへの移動となった作品が三つ。前年に掲載が始まった二つの掲載期間、今年移動となった「三ツ星のスペシャリテ」含めて、ストーリー漫画に関しては、一応の決着をつけるために移動する場所となったと言えるでしょう。本誌掲載期間半年も満たずに移動となった「やおよろっ!」に関して言えば、既にクラサンでの連載期間が本誌掲載期間を超えたことも考えると、その範疇にはないのでしょうが。
 火曜日に本誌連載漫画の一作品がクラブサンデーにいち早く掲載される、クラサン作品の単行本販促としてクラサン作品の読み切りが本誌に掲載されるなど、本誌とクラサンの関係が確立された一年でした。

 一方で、クラブサンデーほど密接な関係ではないとはいえ、春には月刊サンデーが創刊。看板作品としてあだち充先生の「QあんどA」が連載されているのですが、その影響か今年アニメ化された「クロスゲーム」が休載しがちになりました。

08年分












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1276-aed1a72e