しっぽきり

連載漫画ひきのばし、そのふたつのパターン。 Something Orangeさん

 おお、ピンポイントで二つ……。
 引き伸ばし是非というよりは、二つの漫画の現状について思ってることみたいな話です。

 ハヤテに関しては、一話としてのフックを作るために、話を分割して(次の週に持ち越し、というかある程度繰り返し)その結果として、一エピソードの塊としてのカタルシスが弱くなってるんだろうなあとは思います。二一巻のビーチバレー編とか。週刊連載向きじゃない話を、週刊連載向きに描こうとしてそれゆえに話の進行が遅滞して、更に週刊連載向きじゃなくなってる状況が今かな?

 あと、ちょっと話はずれますがヒナギクの出番が多いのも、商業的な理由で多少拍車がかかってる部分があるとはいえ、初期構造の時点で(連載開始後の過程でハヤテを好きになっていくヒロイン)出番の多さが保証されてたキャラなんだろうなと考えてます。


 次、絶チルに関して。長期的に考えると、たぶんこっちのがハヤテより問題のような。
 絶チルの大きな柱の一つは、「エスパーとノーマルの戦争は回避しうるか?」にあるのでしょう。もちろん、ジャンルとして謳っていたような「超能力少女育成コメディー」という面もたしかにあるのですが。
 前者のようなテーマを強調していってストーリーの柱とするには、それ相応の、「戦争が起こってもおかしくない」という緊張感のある状況に持って行かなければならない。じゃあ、現在の状況はどうかというと、どうにもそっちの方向には行ってないなあというのが正直なところです。
 バベルの敵対組織である、パンドラ・ブラックファントムが、本当に対バベルの方向に向いてしまっていて、柱で問題になる当事者の一方ノーマルがあんまり描写されてないというか。
 勿論、両組織が犯罪組織である以上、活動をしているだけで、ノーマルに対しては迷惑な存在であるわけですが、一般の描写(作中で描かれるノーマルは皆本・局長など、ほぼチルドレン関係者)がないので、最終的にそうなったときに、ピンと来るのか、あるいはそれだけの大きさの事実(未来薫はそれを見ている)が持ってこられるのかどうか。それを失敗すると、エスパーの身内の紛争にノーマルを巻き込んだ形になる、薫や兵部(一方的な悪役にするつもりはないでしょう)やのやってることに、完全にではないにせよ与えられるであろう正当性は薄くなるのではないでしょうか。乙女心を前面に出したラブコメも楽しいものですが。
 ただ、前々回(も一つ前?)のエピソードで、「普通の人々」が出てきたようですし、これからそういう展開になるのかもしれません。読みきり集中連載の三話でテンションが上がった人間としては、期待したいところです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1193-406a0b3b