しっぽきり


(この記事は週刊少年サンデー16号のネタバレを含みます)

 薫の頬に傷が付いたことに、銃まで取りだす反応を見せる皆本。なだめる、皇太子・管理官。
言葉通り、顔を突っ込めば、そこには縮尺されたチルドレン。薫の顔には傷がちょびっとついてるだけ。傷が付いたことが問題のような気もしますが、皆本は落ちついた模様。
 まぁ、ヤバくなったら止めましょうね、と中に入るという自殺行為も辞さない懐の深さを見せる管理官。が、自身満々の皇太子は、股間に一物背に荷物を抱えているご様子。たぶん、セラさんとか、国の行く末とかそんなの。
 自らクデーターと称するだけあって、布陣は完璧。
 銃を持ったレンジャー部隊風味の人とか、眼光鋭く「パオー?」とかのんびりとした鳴き声を挙げてる象とか……のんびり? 
 ……大丈夫です、象は重要なのです! 大きいのです! 力持ちなのです! 利口なので毒入りのエサは食べないのです!

>「愛する者のためなら時には手段を選ばず戦う必要がある、ちがいマスかー!?
  ワタシ、セラのためなら喜んで自分の手を汚しマス! たとえ世界中を敵にまわしてもデス」

 将来の国家元首としてかは、おいといて歯を光らせた皇太子の男らしい一言。
 一応、現時点ではチルドレンに恋愛面での愛情ではなく、家族としての愛情を抱いている皆本も、この一言には感銘を受けたようでしたが、続く管理官の、

>「王子、今いいこと言った!!
  だからホラ、あんたもデキちゃえっ!」

という一言にはブチギレ。
 そう、皆本も、チルドレン完成版を見てしまっては、現時点でつまみ食いするわけにはいかないのです。

 そうこうしてる間にも、バトルは続き、薫とマサラさんは直接力をぶつけあうことに。元々キレてたマサラさんも、もっとキレた目で、押し合い圧し合い。
 マサラさんも超度7。力比べで、薫を劣勢に追い込みます。
 超度7の力のぶつけ合いは、危険極まりなく、負けたほうが粉々になるレベルの戦い。クーデーターのため仕込まていれた兵士も吹っ飛んで行きます。それを助ける象が、また可愛いです(*´Д`)
 皆本も、これ以上は危険と判断。

>「命をかけるような戦いじゃないだろ!?
 ほどほどにして戻って来い!!」

と制止。
 が、薫はそれを拒否。

>「ちがうねっ…!!
 あたしたち――あたしは、いつでも本気なんだもんっ!! だから!!
 子供だからとか!! ほどほどにしろとか!! 言うな――――っ!」
 「その通りや」
 「やっちゃえ、薫ちゃん」


 言いなおす辺り恋愛面に関しては、実質薫一極構造のようで。
 正直な話、ストーリーが押し迫ってきた段階ならともかく、現時点でここまで薫にボールを集中させる必要があるかどうかは…。
 葵にせよ、紫穂にせよ、皆本好きは公言しちゃってるわけで、その二人が取って付けたように見えるのは、うーん。
 まぁ、それだけ薫が皆本のことが好きということで。

 超度7の力のぶつけ合いは、果てまで辿りつけば、結界、宮殿はおろか首都すら吹き飛ばすレベル。 
 さすがのマサラさんも、力比べを続けることに危機感を覚えたようで、歴代のおばばさまに助勢を求めます。

>「いやー…もうさあ、そんなに好きなら許しておやりよ」
 「話は全部きいてたけどねー。若い者の恋路をジャマしちゃマズくねえ?」
 「あの王子、色男じゃのう…!!」
 「あと300年若けりゃ――」

 が、意外や意外、歴代のおばばさまは、セラさんに説得されて、二人の交際に軽くGOサイン。一人つるし上げの状態のマサラさん。
 引くに引けず、十歳児とマジ喧嘩。
 ここで、意を決した不二子さんがリングイン…ではなく、

>「好きの一点張りもいいけど、強引に迫りすぎるとオトコは引くわよ―!!
  御なの子は守ってあげる可憐さがないとね~」

と、女の道を伝授。
 この発言の直後、葵と紫穂はハニワ筒についに屈してしまいます。大変です。ピンチです。危機です。
 それにしても、紫穂のポーズは可憐と言うか、エロ…(*´Д`)
 
 あっさりと路線転向してしまった、二人。薫もそっちに行ってしまいたいけど、そこは女の意地。今更、後にはひけず、かといって馬力勝負を続けるわけにもいかず、八方塞り――と思いきや、そこに天からの思し召し。

>「ここ? ここが弱いのよね、おねーさま」
 「あっ、ひゃああんっ……!?」

 それは、弱点を攻めるという、戦の常道。それは、BABELで受け継がれる魂。そう、背中攻めでした。
 それにしても、一度見ただけで、正確に再現できるなんて、子供の吸収力は凄いですね(*´Д`)

今週の結論

 一番のやり手は、老獪に交わそうとせず薫との直接対決に応じてしまったマサラさんでも、クーデーターという力押しに出ようとした皇太子でもなく、隙をついてご先祖様を説得しまくっていたセラさん。
 象はかわいい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/119-43f40966