しっぽきり

○境界のRINNE

 有名人だった貧の方。
 そして、儲けるどころか大金を支払うことに……。

○MAJOR

 ということでした。
 とりあえず、監視されることにの吾郎さん。一旦、引き下がりはするけど結局押し通すのも吾郎さんのような気もしますが、オフシーズンだし、大丈夫……かな?
 
○マギ

 重罪をやらかしてしまったアラジンさんの巻。
 負債は増える一方。これも、ダンジョン攻略の稼ぎでなんとかできる類なのでしょうか。

○いつわりびと・空

 なんでも知ってる薬馬さん。
 江戸時代にはなかった短編小説のことも、そして、いい嘘があることも。

○神のみぞ知るセカイ

 始まった無限の夏休み。来てしまったリアル幼馴染。
 落とし神が小学生時代プレイしていたのは(作中世界が二〇〇九年と仮定すると)ワンダースワン的な何か? 
 そして、久しぶりのいい言葉。
 なんとなく、ずっと一緒にいた幼馴染はかませで、再会した幼馴染は本命みたいなイメージあります。

○最上の命医

 危無双!

○はじめてのあく

 妹確定!
 キョーコさんの背伸びしている母性が素敵でした。
 まんがで学ぶ悪の組織。
 ご当地ヒーローが露出してるんだから、ご当地悪の組織が露出してもおかしくはないはず。
 そして、宣伝を繰り返し、地域に密着したり、アイテムのネーミングライツを売ったり、組織名に企業名を売るかどうかで大揉め、代々継いできた看板は降ろせないと主張する悪の首領一家を中心とする保守派と、この不況の時代悪の組織も割り切らないとやっていけないと主張する革新派の間で論争、そんな内紛を繰り返しているうちに、保守派・革新派の中でも内ゲバ・粛清が起こり、不安定な運営を繰り返していくうちに嫌気がさしたスポンサーが撤退、最後の切り札として昔在籍していた大物幹部を誘い、大物幹部も古巣の為ならと交渉は好感触だったんだけど、最後の最後に欲張った条件をつけすぎて破談、壊滅する組織とかもきっと出てくるはず!
 なんていうか、芸術的なまでにダメな物を拝ませていただいたなと、いやこの作品ではなく。

○電脳遊戯クラブ

 シューティングのスピードアップアイテムは必ずしも……と思うのは下手糞だからか。
 プログラム解析は、すごいんだかズルいんだか。
 ゲーマーじゃなく、プログラマーだからすごいのかな。

○史上最強の弟子・ケンイチ

 芽が出て、ふくらんで。
 いろいろ保てなくなってきた千影さんというお話。
 
○アラタカンガタリ

 髪おろしたコトハさんがかわいいというお話。
 カテナには「様」扱いされてたんだ、カンナギ様。
 そしてナグが……。

○最強! あおい坂高校野球部

 吉本視点は把握したし理解もできるのですが、チームメイトがそれをどう思っているのか、知りたいところです。特にミスター。

○お茶にごす。

 部長後の時代到来と新入生勧誘というリセット。
 ゼロの状態になると、マーくんのデビル部分はことのほか重いようで。

○キングゴルフ

 打つ前の指摘するあたり、思ったより優しいのか、そうでもないのか。やっぱり、そうでもないか。
 そして、流される中思い出したものは。

○魔王

 完結。
 無条件の否定でも、無条件の肯定でもなく、そこから無条件を外すこと。
 つまりは、考えろ!
 あの兄弟は、初登場時も、犬養の狙撃のときも兄弟の力だったのかと考えれば、納得。
 孝次郎はどうしようもないというか、帽子を目深にかぶせて、表情を最後にあれとか、もう性質が悪いなあ。それにしても、蜂様……。ゲッサンのほうには出てくるかなあ。
 おつかれさまでした。
 
○金剛番長

 タッグマッチの形で剛力番長参戦。漢な乙女だけに、お互い相性はよさそうというお話。

○月光条例

 二つの物語の二つの事情。
 容赦ないなあ……。

○オニデレ

 あの仮面には、そんな意味も。たしかに言われてみれば、必要。
 そして、切り札を発見したもの、どう使うのか、そもそも使えるのか。登場メンバーがほとんど女性で、難儀な天音さんでした。

○三ツ星のスペシャリテ

 クラブサンデーに移転、そしてトーナメント展開?
 徹底的に顔が出てこない父親は、ギャバン側が髪型の影響もあってか、モブキャラに見えました。

○アーティストアクロ

 アート協会崩壊で、芸術の都復活。そして、味音痴、ドジっ子な難儀な夫婦誕生でひとまずハッピーエンド。
 そして、新展開へ。

○お坊サンバ

 四の字、サソリ固め、アルゼンチンバックブリーカー。チワ丸さんはプロレス技にも堪能というお話。
 そして、相変わらずチワ丸さんはフリーダムでした。
 ブルーレイもどうでもいいのかな、チワ丸さん。

>オフシーズンだし、大丈夫……かな?
 『オフだから』と清水さんがやってきて……という展開に思わず期待してしまいますこんばんわ!

>妹確定!
 残念ながら、エーコにとっては妹ではありますが、ジローにとっては姉である公算が極めて高いです。
 超増刊での読み切りだった『すすめ!ギガグリーン』から設定が変わっている可能性もありますが、連載中にはジローの『小さい姉上』と言う発言もありましたので、設定の変更の可能性はないだろうと思われます。
>芸術的なまでにダメな物
 戦力としてみるのではなく、客寄せパンダとしか認識していなかった、というのが浮き彫りになってましたからねぇ。
 まぁ、現在も突出した人気を誇っている以上、そういう発想もやむなしかも知れませんが……アレはあまりにも駄目すぎました。
 まぁ、こっちの地元ではもっと駄目なものが反省の色も、明確どころかおぼろげなビジョンすらもなくやってます。
 足引っ張った上、目下のライバルに塩まで送っちゃって……本当に申し訳ありません(土下座)。

>シューティングのスピードアップアイテム
 2個取っただけでコントロールできません。

>チームメイトがそれをどう思っているのか
 あの調子では、いっしょに練習もしているかどうかも判りませんからねぇ。

>初登場時の兄弟
 Σ(´・ω・ノ)ノ すっかり忘れてました。
 言われてみれば、確かにそうですよねっ!!
>ゲッサンの方での蜂様
 ネタバレになりますが、もし『グラスホッパー』的な展開になると……ああッ!やっぱり言えませんッ!!
 まぁ、『魔王』が『グラスホッパー』的なラストにならなくてよかった、とだけは言っておきましょう(笑)。

>チワ丸さんはプロレス技にも堪能というお話。
 しかし、相手が雷様なだけに、金ダライや一斗缶が落ちてこなかったのは僥倖でした。
 固め技の最中にそれらのヒール&雷様御用達の武器が落ちてきたら、勝負はまだ判らなかったに違いありません。

2009.06.27 22:11 URL | すがたけ #- [ 編集 ]

>オフだから

 まさかの三角関係が……!
 
>姉か妹か

 逆に考えるのです! 妹であり、姉でもある一粒で二度おいしいキャラだと考えれば!
 読み切りの段階から固まってた設定なのですね。単行本収録されてほしいです。

>ダメなもの

 一年間戦ってきたコンディションと併せて、日程上の問題考えればもう何年も離れていて、完全に別物になったチームに数日前に合流する選手を当て込んだ興業ですからねえ。復帰直後が一番インパクトがあって、しかも相手があそこだったからなんでしょうが。
 まあ、長いシーズンですからこんなこともあります! 最近は、悪いなりに数字稼いでるのか、数字稼いでるけど悪いんだかって状況だったりしますが。

>スピードアップ

 それでも、見逃すのも……と思って、拾ったあげくに、ってパターンも多いのも現実だったりします。

>チームメイト

 なんですよねえ。チーム全体でそれを受け入れたってのなら、話は簡単なのですが、ミスターの様子を見る限り、そうでもないようですし。

>初登場時

 ええ、自分でもまさか思い出すとは思ってませんでしたw

>蜂様

 連載終わったし、グラスホッパーも解禁! と思ってたら、まさかのゲッサン連載が……!

>チワ丸さん

 あわわわ~、ならこっちはこれです。
 そう言って、ジャイアントスイングを披露しつつ、仮設トイレでの凶器攻撃でチワ丸さんなら反撃してくれるはずです。

 コメントありがとうございました。

2009.06.28 09:46 URL | 美尾 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/1059-58e041ea

週刊少年サンデー30号
・絶対可憐チルドレン  お色気シーンをだされてもいまいち気が引けてしまうのは、いまだに小学生の頃の印象が抜けきらないせいか。精神的な変化が大きいとしても肉体的には徐々に変化していくもののわけで――なんか娘の成長を複雑な想いで見守る父親?小学生時代を知ら...

2009.06.29 00:51 | 360度の方針転換