FC2ブログ

しっぽきり

 よい時代を……とかでいいのかな。
 平成の半分まではいかないにせよ、結構な期間ブログやってるなあ。
 とりあえず今後も、できる範囲で、愛想のないペットを養う感じで続けていきたいですね。
 以下、なんか色々。単独でなんかと考えてのは間に合わなかったけど、まあ考えた分ずらっと。
 Coolierさんに、東方二次創作小説「おもひかぬ」を投稿しました。
 The Grimoire of Usamiのネタバレあります。平成のうちに一本あのキャラ達で書けてよかったなという感じ。
 年末年始はある程度過ごし方の型があるけど、元号が変わる時はどうしたらいいか分からないですね。普通にしとけばいいんだろうけど。

平成競馬の衝撃。ディープインパクトは 新たなヒーロー像を生み出した

 父サンデーサイレンス、鞍上武豊、生産ノーザンファームでむしろそんな揃わないだろって感じに各界のトップの名前が揃った無敗の三冠馬という事で、(凱旋門賞以外の)余白を塗りつぶしていった馬という印象が強いので、新たなヒーロー像というよりは完成形という感じが。種牡馬として君臨したのも合わせて立派。
 06年はシューマッハ(1度目)、中田の引退と合わせて一つ時代が終わったなあという年でした。
〇ひとりぼっちの○○生活 第3話「つたわる空回り」
〇ぼくたちは勉強ができない 第3話「天才は[X]にも心通ずるものと知る」
〇ノブナガ先生の幼な妻 第3話「帰蝶 学校へ行く」
〇RobiHachi 第3話「冥王星の惑星(ほし)恨み」
 2年前のオールタイムベストを基本にそこから昭和作品を除き、それ以降のアニメを加えて。
〇ぼくたちは勉強ができない 第2話「魚心あれば、天才に[X]心あり」
〇ひとりぼっちの〇〇生活 第2話「本当はありがとう」
〇RobiHachi 第2話「タコから出た真実(まこと)」
〇ノブナガ先生の幼な妻 第2話「ノブナガの決意」
 体験版、今回は配信されるんだろうか。

〇リージョ監督辞任

 ニュースを見てびっくり。
 スペイン化(?)プロジェクトが結実するならそれはそれで見て見たいなぐらいには思ってたのですが。
 ポドルスキ選手の発言といい、序盤でそれ程悪くない成績といい、なんだかよく分からない……。
 
〇ヒシアマゾン

 見始めた時期が微妙にズレるので、全盛期は見ていないのですがその余熱みたいなものは感じられました。
 直後のエアグルーヴも含めて、実績以上に存在感というか名牝感のある馬というか。


〇ノブナガ先生の幼な妻  第1話「妻が来たのは いいものの」
〇ひとりぼっちの〇〇生活 第1話「はじめての告白」
〇RobiHachi 第1話「旅は道連れ Journey to the Star」
〇ぼくたちは勉強ができない 第1話「天才と[X]は表裏一体である」
 
 とりあえずもう1、2本か……ああ、でもケムリクサとかゆるキャンもまだ……という悩みどころ。
〇えんどろ~ 12話
〇かぐや様は告らせたい 12話
〇けものフレンズ2 12話

 とりあえず全部終わったので各話感想を並べて軽く総括する記事を書きます(水増し)